開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ドーモ株式会社(Domo)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/07/16

なぜ日本企業のデータ活用は進まないのか?弱点を分析、課題解決のヒントとは

ビッグデータやIoTという言葉の普及に伴い、ビジネスの世界におけるデータ活用の重要性が高まっている。しかし、日本企業のデータ活用の実態を見ると、ほとんどの企業がデータを有効活用できていない実情があるようだ。なぜ、日本企業のデータ活用は進まないのか。 日本企業を対象とした調査結果から浮かび上がってきたデータ活用における課題と、解決のヒントを紹介する。

photo
データの利活用に取り組む日本企業は少なくない。しかし、その実態を見ると、日本企業がデータ活用に苦戦している様子が伺える
(Photo/Getty Images)
 

データ活用から成果を得ている日本企業は、全体のわずか3分の1

 市場における競争優位性を高めるため、データの利活用に取り組む日本企業は少なくない。しかし、その実態を見ると、日本企業がデータ活用に苦戦している様子が伺える。

 米調査会社ガートナーが、国内企業を対象に実施した「企業におけるデータ活用に関する調査」の結果によると、「全社的にデータを利活用している」と答えた企業は全体の20%、「一部の事業・組織で利活用している」と回答した企業は36%であった。過半数の日本企業がデータの利活用に取り組んでいる実態がある一方で、「データの利活用からビジネス成果を十分に得ている」と回答した企業はわずか3%であった。

 また、国内企業のDX環境整備の成熟度に関する調査項目によると、「DX環境の整備が社内に浸透している、または定着している」と回答した企業は、国内企業の4分の1にとどまり、「定着している」と答えた企業の中でも「データ活用からビジネス成果を十分に得ている」と回答した企業は半数程度のようだ。

画像
データ利活用からビジネス成果を得ている企業は3分の1にすぎない
(出典:ガートナー ジャパン「ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表」2019年5月27日)
 

 データの利活用が進まない企業に共通する悩みとしては、「方向性がわからない」「方向性は定まったが、具体的に何を行えばいいかわからない」「方向性も、具体策も見えてきたが、なかなか定着に至らない」という点が挙げられるという。

 なぜ、これほどまでにデータ活用から成果を得ている企業が少ないのか。「日本企業がデータ活用を進める上で直面する3つの壁」を整理しつつ、課題解決のポイントを探りたい。

この記事の続き >>
・日本企業がデータ活用でつまずく3つのポイントを解説
・データの整理・収集を簡単に自動化する方法とは
・アウトドアメーカーが「顧客のファン化促進」で成功できた理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!