開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/02

リモートワークに3密回避…「ニューノーマル」に向け企業はどう環境を整えるべき?

新型コロナウイルス対策としてリモートワークを導入した企業が増加し、私たちの働き方は大きく変化した。Web会議などのツールを使えば社内外問わず打ち合わせはほぼ問題なく進むことが確認されるなど、「予想以上に快適だった」という声も多い。しかし、問題が皆無なわけではない。「ニューノーマル(新しい常態)」の働き方を実現するために、まだ見落としているポイントがあるのではないか。

photo
より柔軟になった働き方、そこで見えてきた新たな問題は?
(Photo/Getty Images)

新型コロナで変わる働き方、見えてきた新たな課題とは?

 新型コロナウイルスの影響により、我々の働き方は変わりつつある。リモートワークを導入する企業が増え、自宅やサテライトオフィスで働く人も多くなった。これに伴い、オフィスに対する考え方も変化している。中にはリモートワークを前提に、よりコンパクトなオフィスへ移転する企業、もしくはオフィスそのものをなくそうとする動きも見られる。

 もちろん、すべての企業に当てはまるわけではないが、少なくとも、ある拠点に大勢が集まって働く“集中型”から、自宅やサテライトオフィスで働く“分散型”へシフトしていくのは間違いない。

 ただ、それによって企業が対処しなければならない新しいテーマも見えてきた。場所にとらわれないスムーズなコミュニケーションの実現、そして「3密回避」を見据えた効率的なオフィス活用だ。具体的にはどういうことか?以下で詳しく説明していく。

この記事の続き >>
・人・モノの所在があいまいになり、どんな問題が起こっているのか
・3密を作らない安全で効率的なオフィス活用を実現する“IoT”
・プライバシーも配慮した設計で、アフターコロナ時代の働き方を支える

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!