開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

富士フイルム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/28

テープメディアの進化を解説、DXやクラウドと“相性抜群”になれたワケ

ストレージメディアとしてのSSDがすっかり身近な存在になり、HDDが徐々にレガシーな技術になろうとしている今日、実はテープメディアが「古くて新しい技術」として再び注目されている。実はテープメディアは、数ある記憶媒体技術の中でも現在最も技術革新が進んでいる分野の1つであり、多くの人がテープに対して抱くイメージをはるかに凌駕する機能と性能を獲得しているのだ。

photo
なぜテープがクラウドと相性抜群なのか
(Photo/Getty Images)

ストレージメディアとして着々と進化を続ける「テープ」

 デジタル技術の急速な普及により、ITシステムが保有するデジタルデータの容量は飛躍的に増加している。そのため現在多くの企業が、大量のデータを有効活用しつつ、同時に効率よく管理する方法を模索している。ここで鍵となるのが、「アーカイブデータ」の扱いだ。

 富士フイルム調査によれば、企業システムのストレージで管理されるデータのうち、約70~80%はアクセス頻度の少ないアーカイブデータによって占められている。鮮度が高くアクセス頻度がまだ高いアクティブデータの保存には読み出し速度が速いSSDなどが適しているが、長期保管するアーカイブデータの場合はコスト効率や信頼性、大容量への対応といった点が重視される。

 ここのアーカイブデータの記録メディアとして以前から用いられているのが、テープメディアだ。テープはSSDやHDDに比べると容量単価が安く、またデータを保管するためにハードウェア機器を通電させておく必要がないため、大容量データを低コストで長期保管するアーカイブ用途に極めて適している。

 またテープカートリッジをシステムから完全に切り離してオフラインで管理できるため、システム障害によるデータの破損や消失のリスクが少ない。テープカートリッジは容易に持ち運べるため、堅牢な金庫施設で厳重に管理したり、災害対策のために遠隔地に運んで保管するような運用も可能だ。

 「古く枯れた技術」というイメージが強いテープだが、実は現在急速な勢いで技術革新が進んでいる。「カビ」「容量」「速度」「DX対応」「クラウドネイティブ」「API対応」など、最新のテープ事情と、DXやクラウドに向けた最新のアーキテクチャにテープを生かす方法を解説する。

この記事の続き >>
・必見、テープメディアはどのように進化したか
・なぜデジタルトランスフォーメーション(DX)に「テープ」なのか
・APIを通じてデータをアーカイブする方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!