開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社セゾン情報システムズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/28

クラウドサービスで“バラバラ”になるデータ、連携させ「資産」にする方法とは

企業システムでクラウドサービスの利用が広がる中、クラウド上で管理するデータも増加の一途をたどっている。それらは企業にとって貴重な資産でありながら、実のところその活用はいまだ十分に進んでいるとは言い難い。それぞれのサービスからデータを取り出し、集約する、いわゆるデータ連携に少なからぬ工数とコストがかかるためだ。そこで、SalesforceやSlackなどSaaS由来のデータ活用や、フローの構築、トラフィックの保護を可能にする方法を探る。

画像
SaaS利用の拡大でデータはますますバラバラになっている
(Photo/Getty Images)

データ抽出と変換の手間がクラウドのデータ活用の“壁”に

 クラウドサービス、特にSaaSの分野は、イニシャルコストの低さや導入の容易さなどが高く評価され、この10年で企業のシステム整備における当たり前の選択肢となった。開発環境での利用を皮切りに、SaaSアプリケーションの多様化が急進することで、今ではビッグデータ管理や解析、CRM、ERPなど、多様な仕組みの整備手段としても広く採用されるまでになっている。

 それらが管理するデータは、企業の貴重な資産だ。個々のサービスの垣根を越えたデータ共有により、コスト削減/業務効率化が可能となる。より多くのデータを集約し分析することで、新たな知見の獲得につなげることもできるだろう。

 だが、現状でそれらのデータ活用が十分に行えているかと言えば、残念ながら“否”というのが多くの企業の実態だ。

 仕方のない面もある。そもそも各クラウドサービスからのデータ抽出自体が煩雑な作業だ。加えて、データは目的ごとに異なる形式で管理されており、使える形に集約するには変換作業も発生する。そうしたデータ連携の手間やコストは、クラウドサービス数に比例する形で増していき、その利用が広がる中で作業の難度も上がらざるを得ない。

 もっとも、こうした状況を打開する手だてもある。

この記事の続き >>
・SalesforceやSlack、ServiceNowなどの約20のSaaSアプリケーションと連携
・データ連携の設定と実行がマウス操作だけで可能
・オンプレミスとも“つなぐ”データ連携プラットフォーム

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!