開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ニュータニックス・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/01/27

「HCIはどれも同じ」ではない、上手に選んでレガシーインフラから脱却せよ

企業のビジネスを支えるITインフラは、新型コロナウイルス感染拡大などによる市場や働き方の大きな変化に、素早く柔軟に追随することが求められている。かつてサーバ仮想化は企業のインフラコスト削減に大きく寄与したが、サーバ仮想化が普及し始めた当初と変わらない、旧態依然のアーキテクチャではそうしたアジリティや柔軟性は乏しく、運用管理の負荷も高い。そこで登場したHCIだが、どのように選べば良いのだろうか。その特長とともに、“最適解”を整理しよう。

photo
複雑でコストばかりかかるレガシーインフラから脱却せよ
(Photo/Getty Images)

従来の仮想基盤とパブリッククラウドの課題

 1台の物理サーバ上で論理的な複数のサーバを運用する「サーバ仮想化」は、コスト削減やリソースの有効活用といったメリットから、多くの企業が導入するようになった。

 しかし、課題がなかったわけではない。従来の一般的なサーバ仮想化の構成、つまりサーバ、ストレージ、SANスイッチ(複数のサーバとストレージをつなぐネットワーク機器)からなる3層型(3Tier型)構成では、設計・構築の難易度が高く、柔軟な拡張や構成変更が難しく、運用管理も複雑であるなど、頭を抱えるIT管理者は多いだろう。

 その解決策として、インフラにおいても「必要なときに、必要な分だけ利用できる」パブリッククラウドを導入する企業も増えている。柔軟性や拡張性、アジリティ、所有をやめることで運用管理の一部から解放される面でメリットがあると考えられているからだ。

 だが企業によっては、セキュリティポリシーなどの問題でパブリッククラウドに出せないシステムもあるだろう。加えて、データ転送量が多いシステムの場合、通信コストもかさんでしまうこともある。また、根本的な特性として、良くも悪くもサービスを「利用する」という形態のため、長期的に常時稼働させるシステムであれば」所有する」よりも総額では割高になりやすい。

 こうした3Tier型構成のサーバ仮想化とパブリッククラウド両方の課題を解消し、双方のメリットを享受できる仮想化基盤として注目を浴びるのが、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。サーバ内蔵のストレージをソフトウェアで共有化し、外部ストレージやSANスイッチを排除することで、非常にシンプルで拡張しやすい構成が可能となった。

 企業のニーズに合致したHCIは急速に市場を拡大し、いまや多くのHCI製品が展開されている。とはいえ、「HCIはどれを選んでも同じ」ではない。

この記事の続き >>
・HCIのメリットを最大限享受するには「従来の延長線上の設計思想」ではダメ
・多様なストレージを統合でき、ハイブリッドクラウドでも活躍
・ユーザーは世界で1万6580社以上、米国政府機関の事例も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!