開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ニュータニックス・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/28

「難しい、コストが割高」は昔話? VDIがリモートワーク環境の最適解と言えるワケ

リモートワークが長期化する中、パフォーマンスに対するストレスや、セキュリティ不安を解消するBCPソリューションとして仮想デスクトップ(VDI)が再注目されている。ただ、これまではそれなりに開発期間やコストを要するために、導入をためらう企業も存在したが、どうやらこの壁を乗り越える手段が見えてきたようだ。VDIソリューションの最前線を追いかけてみよう。

photo
VDI最前線を追う
(Photo/Getty Images)

長引くリモートワークにVPN接続は最適か?

 世の中は不確定要素に満ちており、すべての企業にとって「いかにビジネスを止めないか」は切実な課題である。今のコロナ禍を見れば明らかであろう。1年前、誰がこんな未来を予想していただろうか。さらに、今日では台風や豪雨、地震など自然災害が脅威を増している。オフィスに出社できない状況は容易に起こり得て、その中でいつものように業務を遂行できるようにするには、BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)の確立が不可欠だ。

 コロナ禍で多くの企業は「この状態は長く続かないだろう」とリモートワーク環境をVPN接続で乗り切ろうとしたが、ネットワーク渋滞という問題が発生した。たいていの企業はリモートワークユーザーをそんなに多くは見積もっていない。それなのに全社規模でリモートワークに移行したため、VPNにアクセスが集中しパフォーマンスが低下してしまったのだ。「社内のファイルが快適に見られない」「Web会議が中断する」というのでは、ユーザーのストレスは高まるばかりだ。

 また、VPN接続にはセキュリティの課題もある。ユーザーが業務に個人PCを利用した場合、そこにひそむウイルスが社内ネットワークに侵入するリスクはぬぐい切れない。こうしたストレスや不安は、一時的には何とかがまんできるかもしれないが、この先長期化するとしたら、早晩限界に達してしまうのではないだろうか。

 そうした中、より恒久的で生産性を落とさず業務を遂行できるBCPソリューションとして再注目されているのが「仮想デスクトップ環境(VDI)」である。ネットワーク帯域幅に依存しないタイプもあり、そもそもローカルにデータを保存しないため、セキュリティリスクも低い。ただ、これまでは、「設計などに時間を要し導入までに時間がかかる」「コストが割高になる」などの理由で導入をためらう企業が存在したのも事実だ。しかし、ついにこの壁を乗り越える手段が見えてきた。

この記事の続き >>
・オンプレかクラウドか、VDIの構築環境はどう選ぶ?
・“難しくない”ハイブリッド型の運用方法
・VDIに最適な基盤の条件とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!