開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

オリックス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/11/16

“コロナ後”の新製品開発や新市場開拓をどう進めれば良いか? グローバル市場における「ナレッジ戦略」の立て方

コロナ禍に伴う経済環境の変化は、世界中のあらゆるマーケットに影響を及ぼしている。こうした中で、BtoB企業をはじめとする多くの企業では、新製品開発や新市場の開拓に向けた高度な経営判断が求められている。しかし、多岐にわたる産業・技術の市場動向を完璧に把握し、客観的な判断を下すことは容易ではない。今後、企業はビジネスのさらなる成長に向け、グローバルでいかにして新市場を開拓し、新規ビジネスを立ち上げていけばよいのだろうか? 成長市場のポテンシャルを見極め、グローバル市場に挑むために必要なナレッジ戦略について、有識者が意見を交わした。

グローバル市場獲得は「待ったなし」の状況

photo
アクト・コンサルティング 取締役
経営コンサルタント
野間 彰 氏
photo
オリックス
法人営業本部 事業法人営業第一部
アシスタントマネージャー
久保 凜太朗 氏
 ビジネスや市場を取り巻く環境は、 急速に変化している。

 新市場開拓や新規事業開発の重要性は高まっているが、こうした状況について、アクト・コンサルティングの野間氏は「先進国の経済成長率は、コロナ以前は1%台だったものが、コロナ禍ではさらに低下している。これまで以上に低成長が見込まれる市場環境で、いかに知的生産性を高めるかが大きなテーマとなる」と述べた。

 そして、グローバルを視野に入れた新市場開拓や新規事業開発については「危機感を持って取り組む企業と、まだまだ楽観的な企業の二極化が進んでいます」と指摘し、これまで楽観的だった企業も「今回のコロナが引き金となり、待ったなしの状況にもなりかねません」との見解を示した。

 一方、オリックス 法人営業本部 事業法人営業第一部 アシスタントマネージャーの久保 凜太朗氏は、「実質GDP規模予測を見ると、日本のGDP規模のシェアは2000年以降、徐々に低下傾向にあります。グローバル市場を獲得しなければ成長は望めない状況です」と説明する。「海外売上比率の高い企業ほど売上高が伸びている傾向からも明らかでしょう」という。

画像
実質GDP規模における世界シェアの予測
(出典:日本経済研究センター「2060年長期予測」を基にオリックスが作成)

 イノベーションのためには、次の成長領域の「シーズ」を見極めることも重要だ。久保氏によれば「10年前には経営危機にあった、とあるSI会社では、自動運転が今後の成長領域であると見極め、研究開発投資を積極的に行った。その結果、事業の芽が出て現在では同社の成長の柱になっている」という。

 では、識者が考える「グローバルを見据えた新規事業開発」を進める上で、企業が取り組むべき課題とは何か。議論は、課題に直面する際の解決方法などへ展開していく。
この記事の続き >>
・マーケットインの視点だけで市場を見極めるのは難しい
・「どんな問題を解決したいか」に対する、正しい「〇〇」が必要
・経営の視点からの「新規事業を見極める考え方」とは?
・市場トレンドや動向を見極める情報収集を実現するポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!