開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴィーム・ソフトウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/12/23

新常識、リモート時代のデータ保護「7つの要件」。ローカルはどうする?クラウドは?

新型コロナの感染の拡大により、リモートワークなどのいわゆるニューノーマル時代に向けたワークスタイル変革が企業の間で広がっている。ただ、そこで持ち上がっている難題が、データ管理リスクの増大だ。対応に向け、どんな方策を講じるべきか。データの保存場所である「ローカル」と「クラウド」、それぞれのデータ保護で求められる要件を解説する。

photo
コロナ禍を受けて、企業のデータ保護は新たなフェーズに入った。
(Photo/Getty Images)

リモートワークで顕在化する新たなデータ管理リスク

 新型コロナの感染拡大を機に人の働き方は大きく変わった。社員が1つの場に集まる様式から、リモートワークで分散して働く、いわゆる“ニューノーマル”な働き方へとシフトした。

 同様に、ビジネスデータの管理の在り方も、会社配布のPCや自社システム、会社が契約したクラウドなどの会社が用意した環境から、個人PCや個人契約のクラウドなど、会社の管理外に変化しつつある。

 だが、これが企業にとって大きなリスクであることは明らかだ。データは企業の重要な資産の1つ。だからこそバックアップなどの管理に手間とコストを投じてきた。だが、データが分散していくことで、必然的に従来のデータ保護の運用では行き詰まる。リスクが顕在化した場合、最悪、業務が停止してしまう。

 新型コロナの収束がいまだ見通せないことで、ワークスタイルは今後、さらに変わる可能性が高い。不透明な将来へのリスク回避に向け、最適なデータ管理に向けて、何に、どう取り組むべきなのか。「ローカル」と「クラウド」で分類し、データ保護の新常識、「7つの要件」について見ていこう。

この記事の続き >>
・「ローカル」でのデータ保護で必要な4つの要件
・「クラウド」データ保護策、3つの要件
・“ネクストノーマル時代”に先手を打つためのポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!