開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ユーザックシステム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/19

【改善事例】荷主企業を悩ます「商品の出荷業務」、どうやって作業工数を半分にしたのか?

「関連会社に部品を発送する」、「顧客に商品を送る」など、荷主企業の物流コストとして重くのしかかるのが商品の出荷業務だ。また、商品出荷の際、依頼する運送業者ごとに異なる送り状を使いわける必要があり、これが出荷業務を煩雑なものにしているのだ。このように、課題の多い出荷業務にメスを入れ、効率化に成功したのが屋根用建築金具メーカー、スワロー工業(新潟県・燕三条)だ。同社の商品出荷に伴う、「送り状発行業務の効率化」の取り組みを紹介する。

photo
煩雑な商品の出荷業務、効率化する方法はあるのか
(Photo/Getty Images)

建築用雪止め金具と太陽光架台で高いシェアを誇るスワロー工業

 スワロー工業は、ものづくり産業が集積する新潟県の燕三条(つばめさんじょう)地域に本社を構える、創業75年の屋根用建築金具メーカーだ。

画像
スワロー工業の屋根用建築金具
 主な事業は、建築用雪止め金具と太陽光架台の製造販売で、特に雪止め金具では、個人宅用で1位、工業用で3位のシェアを誇る。

 同社の提供する屋根用建築金具は、ハウスメーカーなどを通じて、屋根や内装に特化した工務店に卸し、施工業者がそれを使うという形で流通している。

 そうした同社だが、幅広い顧客に自社の製品を納品するにあたり、商品の発送業務が大きな負荷となっていた。

 同社の商品発送業では、複数の運送会社に発送を依頼するのだが、その際、業者ごとに送り状のフォーマットが異なり、それが出荷業務を煩雑にしていた。また、こうした業務を限られたスタッフで対応する必要があり、ミスが発生するリスクも高かったという。同社は、このように課題の多い商品の出荷業務をいかに効率化したのだろうか。
この記事の続き >>
・物流業務効率化におけるスモールスタートとは?
・煩雑な商品出荷業務の工数が半減できたワケ
・なぜ業務上のミスを減らすことができたのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!