開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/09

DXに成功している企業は○○が高い? 共通する意外な能力とその高め方

いまや世界中の企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。なかなか成果が上がらず苦労している企業が多いが、成果を上げている企業も確実に存在する。こうしたDX成功企業を子細に観察すると、ある共通点が浮かび上がってくる。それは、新興企業から歴史のある伝統的な企業まで、等しく手に入れられる能力だ。それは何か。そこから見えてくるDX成功への取り組みと必要になる技術を整理した。

photo
DXに成功している企業に共通する「ある能力」、それを高める取り組みと技術とは?
(Photo/Getty Images)

DXに成功している企業の共通点

 ビジネス環境が急激に変化する中、その変化にスピーディに対応し、デジタル・トランスフォーメーション(DX)を実現することが求められている。ここでいうDXとは、デジタル技術を駆使して顧客の求める価値を迅速に提供し続けることを意味する。

 そこで重要な役割を果たすのがアプリケーションだ。DXに成功している企業の多くは、アプリケーションでビジネスをドライブしている。しかも、リリース後も顧客のニーズや市場の変化を取り入れ、デザインや機能を更新し続けている。つまり、顧客が求める価値をアプリケーションに乗せて提供し続けているのである。

 このアプリケーションを提供し続ける能力を「デリバリーパフォーマンス」と呼ぶ。DXに成功している企業は、ほぼ例外なくデリバリーパフォーマンスが高い。

画像
企業が競合優位性を保つために、より良いサービスやソフトウェアをユーザーに速く提供することが求められる

 逆に言うと、デリバリーパフォーマンスの低い企業はDXで苦労する。理由はシンプルだ。「人・組織」「プロセス」「技術」が旧来のウォーターフォール型に最適化されているからだ。特にアプリ開発/インフラ間のサイロ化は深刻な問題だ。

 既存のアプリケーション開発では、要件定義・設定が完了したら、開発者はインフラ側が構築した開発環境で開発する。同様にインフラ側が構築したテスト環境でテストし、インフラ側が構築した本番環境にデプロイして、リリースを迎える。このように、1つひとつステップを踏み、手作業も発生する複雑なやり取りが続くかぎり、デリバリーパフォーマンスを高めることは困難だ。

 解決するには、「人・組織」「プロセス」「技術」の3つの観点からメスを入れる必要があるが、その「技術」おける解決策となるのが「コンテナ」である。

この記事の続き >>
・DXに取り組む企業がコンテナに注目する3つの理由
・あまりに自由度が高いKubernetes、使いこなすのは困難…
・コンテナ活用に専念できるインフラ環境の整え方

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!