開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/03/15

そのコンテナ活用が失敗するのは「プロセス」を改善していないからだ

現在の企業の競争力を左右しているのは、市場や顧客の変化に迅速に対応し、製品やサービスを開発・提供し続けることができるかどうかだ。新しいテクノロジーである「コンテナ」に注目が集まっているのも、こうした背景がある。ただし、コンテナを単に導入しただけでは、成果を得ることは難しい。コンテナ活用を成功に導くには、「人」や「技術」だけではない、ある重要な取り組みが必要なのだ。成功企業の取り組みから見えてくる、そのポイントを解説する。

photo
コンテナ導入に成功している企業が取り組む「プロセスの変革」とは
(Photo/Getty Images)

DXを妨げる複雑な開発・運用プロセス

 多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組み、それを加速する技術としてコンテナの導入を進めている。技術・ツールを導入し、人材育成に力を注ぐ企業も増えてきた。確実に成果を出している企業がいる一方、なかなか成果が出ない企業も多い。それはなぜだろうか?

 そもそも、コンテナが求められる背景は2つある。1つはビジネスの不確実性が高まり、将来の見通しが立たないことだ。このため、ITシステムの要件を100%固めて開発を進めることはリスクが高くなった。2つ目の理由は、インターネットの拡大により、スマートフォン等を介して提供されるITサービスが企業の競争力を左右する時代になったことだ。

 この2つから明らかなのは、状況の変化に応じて迅速かつ柔軟にITサービスを開発・提供できる能力の重要性だ。コンテナが注目される理由も、まさにそこにある。

 これを踏まえた上で考えると、コンテナ活用を成功に導くポイントが見えてくる。それは、既存のシステム開発における「迅速かつ柔軟ではない“プロセス”」に合わせないことである。

 たとえば既存のシステム開発では、アプリ開発者がアプリの要件定義や設計を行い、開発、テスト、デプロイと工程を進める。一方、インフラ運用者もアプリ開発者からの依頼を受けて、開発環境、テスト環境、本番環境を設計・構築する。さらに、開発や運用を委託された外部のベンダーもこれに加わる。多くの関係者が関与し、その間に多くのコミュニケーションが発生する。しかも、プロジェクトは1つではない。

画像
既存のシステム開発における課題とは

 こうした複雑なプロセスが必要なシステムはもちろんある。しかし、コンテナを中心に据えたシステムにもこのプロセスを用いれば、本来の目的を達成することが困難なのは明らかだ。ところが、多くの企業はこれをやってしまいがちなのである。

 では、コンテナ導入に成功している企業は、「開発・運用プロセス」をどのように変革しているのだろうか。

この記事の続き >>
・コンテナ導入に“成功”した企業が実践している取り組みとは?
・コンテナ管理の「自律化」と従来インフラ管理の「自律化」を両立
・ハイブリッドクラウド化が加速する未来に必要なインフラ戦略とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!