開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マカフィー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/05

従来の方法はもう限界。「クラウド前提」のネットワーク設計が“一石二鳥”のワケ

クラウド利用が加速する中で、ネットワークアーキテクチャーは、従来型の「センター集約」から「インターネットダイレクトアクセス」へと変化した。アーキテクチャーの変化に伴って、新たなセキュリティ課題も生まれている。それに合わせて注目を集めているのが、クラウド利用を前提とするSASE(Secure Access Service Edge)のアーキテクチャーだ。SASEが求める要件とはどのようなものか。次世代セキュアWebゲートウェイ(SWG)を中心としたアプローチを解説する。

photo
働き方の多様化、クラウドシフト……これからのネットワークアーキテクチャーに求められることとは?
(Photo/Getty Images)

ネットワークは「集約型」から「ダイレクトアクセス型」へ

 国内では、政府の後押しを受けて、働き方改革やテレワークの取り組みが積極的に進められ、さらに2020年以降はコロナ禍でDXやテレワークの取り組みは一層加速している。社外から社内のITシステムへアクセスする機会が急増し、従来のITシステムのあり方は大きく変化しようとしているのが現状だ。

 クラウドシフトによるITシステムの変化が最も顕著に表れているのが、ネットワークの領域だ。従来のネットワークアーキテクチャーは、各拠点のネットワークを閉域網などでデータセンターへつないで集約する「センター集約型」だった。データセンター内のゲートウェイ経由で拠点からのインターネットアクセスを一本化することでセキュリティ機能も一本化できる、いわば合理的なアーキテクチャーである。

 だが、こうした「センター集約」のネットワークでは、バックホールネットワークの遅延が生じたり、場合によってはネットワーク管理の複雑化やセキュリティ運用の増大が起こるなどの課題もある。これに対して現在では、クラウドサービスの利用が増えたこともあり、各拠点からインターネットに直接接続する「インターネットダイレクトアクセス」のアーキテクチャーも採用されている。

画像
ネットワークは「センター集約」から「インターネットダイレクトアクセス」へ変化をしている

 しかし、そのような環境下では、企業は新しいネットワーク課題やセキュリティ課題に直面することになる。そこで注目を集めているのが、SASE(Secure Access Service Edge)と呼ばれる概念のアーキテクチャーだ。

この記事の続き >>
・インターネットダイレクトアクセスが急増、企業のリスクとは?
・安全で快適なクラウド利用を可能にするフレームワーク
・次世代のセキュアWebゲートウェイは何が違うのか?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!