開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アカマイ・テクノロジーズ合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/07

詳説、エッジコンピューティングが「クラウド時代のリスク」に効く理由

IoTやセンサー、コネクテッドカー、モバイルアプリなど多種多様なデバイスの増加により、クラウドに向かう通信トラフィックも増大している。しかし、こうしたクラウドへの一極集中には、障害時の影響拡大やコストの増加などのリスクを秘められている。その解決策として注目されているのが「エッジコンピューティング」だ。エッジコンピューティング技術を駆使することで、いったいどのようなメリットが得られるか。 そして、クラウド一極集中の課題を解消する「エッジクラウド」とは。

photo
エッジコンピューティングが、クラウド一極集中のリスクを解消する
(Photo/Getty Images)

「クラウド一極集中」によって顕在化する「エッジ」のニーズ

 昨今、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT時代が到来し、膨大な量のデータが流通している。たとえば、スマートファクトリーやコネクテッドカー、あるいは日常のさまざまな決済処理で使われるモバイルアプリなどがある。利用されるデバイスやクライアントの数は増加の一途をたどっている。これらデバイスが生成するデータは、もはやローカル環境にとどまることはない。基本的にすべてのデータがクラウドに向かい、そこでAI(人工知能)などさまざまな技術を駆使して処理され、新たな付加価値が生み出されている。

 しかし、現在ではトラフィックが局所的に集まる「クラウドの一極集中」が社会的な問題となっている。クラウドへの一極集中がひとたび発生すると、ネットワークの遅延が発生したり、サービスが一時的に利用不可になってしまい、ビジネスや社会全体に大きなインパクトを与える可能性がある。

 こうしたクラウド一極集中の解決策として注目されているのが、「エッジコンピューティング」だ。デバイスと利用者に近い場所、つまりエッジ側でのデータ処理によって、ネットワーク負荷の軽減や低遅延化、セキュリティ強化などを実現する。

 エッジコンピューティングは、具体的にどのようにしてクラウド一極集中の課題を解決へと導くのか。以下で詳しく解説していく。

この記事の続き >>
・「エッジなしではシステムは動かない」、重要性を増すエッジコンピューティング
・「エッジコンピューティング」が担う3つの役割
・クラウド一極集中の課題を解消する「エッジクラウド」とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!