開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社LegalForce提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/25

その契約書、本当に大丈夫? 法務の3割がテレワークで生産性低下、レビューへの影響は

あらゆるビジネス取引で必須とも言える契約書。締結前の契約書の作成や審査、締結後の管理までの契約業務を担う法務部門は、業務の多様化や人材・スキル不足などでキャパシティの危機を迎えている。さらに、緊急事態宣言後のテレワークの普及で、業務生産性や業務品質の低下が課題となっている。ビジネスに絶大な影響を与える「契約リスクの管理」から、その実態を分析していこう。

photo
契約書業務の「品質」と「効率」が低下してはいないか
(Photo/Getty Images)

法務の3割が「生産性低下」、契約業務の課題とは

 契約業務、訴訟対応・危機管理、コンプライアンスや株主総会運営といった、企業の抱えるリスクの回避や統制を任され多忙を極める法務部問。昨今その業務範囲は拡大傾向にあるが、「業務の生産性の低下」という課題が発生しているという。

 その要因の1つとして、全国的に広がったテレワークが挙げられる。大企業を中心とした法務部門の担当者 300人を対象に実施した「宣言発令後の法務部門の状況」調査では、回答者の3割が「テレワーク下での生産性の低下を実感している」という。

 また法務の課題はそれだけではない。ここで、法務業務の根幹である契約業務に焦点を当ててみよう。契約業務は、契約リスクを適切に制御・管理するため、繊細かつ入念な確認を伴い多くの時間を要する業務である。

画像
契約におけるライフサイクル

 たとえば、契約締結前に実施される「契約書レビュー」は、事前に自社にとってリスクとなり得る条項をチェックし洗い出す。しかし、限られた時間で実施するため、そもそもリスクの完全除去が難しい。また、審査を急いでしまうと、品質が下がり自社に不利な条項を見落としてしまうリスクがある。見落としをなくそうとすると時間がかかるといったように、品質とスピードの両立は困難な構造となっているのだ。

 さらに、契約締結前の契約リスク制御としては「契約書レビューを構成する“リスク検出”と“交渉や意思決定”の2段階のプロセスを経て、漏れのないレビューを実施すること」が理想だ。しかし、リスク検出プロセスでは「見落とし」、交渉・意思決定プロセスでは「個々人の経験への依存・属人化」といった課題がある。

この記事の続き >>
・実はできていない?契約締結後の適切な契約書管理
・契約業務の生産性と品質の向上を両立できるLegalTechの活用方法
・「契約前」「契約後」のリスク制御、“流れるように”“放り込むだけ”

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!