開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/25

一橋大 名和教授が語る「勝ち続けるための条件」、企業が実践すべき新SDGs+Pとは?

2015年、国連サミットで持続可能な世界を実現するための国際社会共通の目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」が採択されて以降、各国企業のSDGsの取り組みは加速した。しかし、「SDGsの目標に沿った経営をするだけでは勝ち続けることは難しい」と指摘するのは、一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 客員教授で、ファーストリテイリングや味の素などの社外取締役も務める名和高司氏だ。同氏に、勝ち続けることができる企業になるためのポイントを解説してもらった。

photo
一橋ビジネススクール
国際企業戦略専攻
客員教授
名和高司 氏
1980年東京大学法学部卒業後、ハーバード・ビジネススクールにてMBA取得。三菱商事を経て、91年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。ディレクターとして、自動車・製造業分野におけるアジア地域ヘッド、ハイテク・通信分野における日本支社ヘッドを歴任。2010年から現職。デンソー(~2019年)、ファーストリテイリング、味の素、 NECキャピタルソリューションズ、SOMPOホールディングス(いずれも現任)の社外取締役を務める。近著に『経営変革大全』、『稲盛と永守』(いずれも日本経済新聞出版)、『パーパス経営』(東洋経済新報社)などがある

SDGsだけでは生き残れない、重要なのは「新SDGs+P」

 「SDGs(Sustainable Development Goals)」とは、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の柱として掲げられた国際社会共通の目標だ。持続可能な世界を実現するための17のゴール(目標)、169のターゲットから構成されており、国連に加盟する193の国・地域が2030年を期限に達成を目指し取り組んでいる。

 こうして各国のSDGsの目標達成に向けた取り組みが加速する中、SDGsに取り組まない企業は、サプライチェーンから外されたり、投資対象から外されたりする可能性も出てきている。SDGsに背を向ける企業に、未来はないかもしれないのだ。

 ただし、一橋ビジネススクール 客員教授の名和高司氏は、「SDGsの目標達成に向け各企業が取り組んでいますが、これはあくまで“規定演技”。それに加えて必要なことが、“自由演技”によって自らの独自性を打ち出すことであり、それができなければ勝ち残れません。そのために私が提案しているのが『新SDGs+P』という新しい考えです」と指摘する。

この記事の続き >>
・日本企業のダメな特徴がまるわかり、「風土病」「舶来病」とは?
・「京セラ・稲盛氏」「日本電産・永守氏」「富士フイルム・古森氏」の共通点
・本当にソニーが凄いと言える理由
・日本企業は、強みを「しくみ化」できれば世界で戦える

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!