開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社DTS提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/18

「e-Gov電子申請」の超活用法、業務効率を向上させるための条件とは

e-Gov電子申請は、省庁に対する一部の届け出や申請を電子的に行う仕組みだ。電子申請が可能になれば、多くの企業は煩雑で手間のかかる作業を減らし、業務効率を向上させることができる。ところが、e-Gov電子申請の使い方によってはさまざまな課題があり、業務効率化に結びつかないケースも少なくない。それは具体的にどういうことなのか。e-Gov電子申請を最大限に生かすため、企業に求められる取り組みを整理した。

photo
e-Gov電子申請を最大限に生かすために企業に求められる取り組みとは
(Photo/Getty Images)

e-Gov電子申請の導入=業務効率向上、とはいかない

 行政手続きのコスト削減や業務効率向上を目指した「e-Gov電子申請」。すでに導入している企業、導入を検討している企業も少なくないだろう。

 e-Gov電子申請は、これまで紙の書類で行われていた各種申請を、電子的に行えるようにする施策だ。企業においては、社会保険/労働保険の一部手続きに電子申請が利用できる。電子申請が可能になると聞けば、多くの企業は「業務効率が向上できる」と考えるだろう。特に社会保険/労働保険の届け出がピークを迎える3月~4月は負荷が大きいため、人事部門は大きな期待を抱くはずだ。

 しかし、使い方を間違えると業務効率の向上どころか、効率が悪化してしまう可能性もあるので要注意だ。

 ではどうすればよいのか。選択肢はいくつかある。導入済みであれば「課題を解決する」、導入前であれば「準備が整うまで導入を見送る」などだ。

 普通に考えれば「問題があるのであれば、急いで導入しない」と判断する。しかし大企業にはそれを選択できない理由がある。それはe-Gov電子申請の利用が、企業規模により義務化されているからだ。義務化の条件はいくつかあるが、そのうち「資本金1億円以上」という条件に当てはまる企業は少なくないからだ。

 しかし、義務化されたから、電子申請できるからと導入を急いだ結果、e-Gov電子申請による業務効率化の恩恵が受けられない企業も多いと聞く。また、導入を検討しているものの、導入に関する課題から前に進めずにいる企業もあるようだ。

 では、企業が直面するe-Gov電子申請の課題とはどのようなものなのだろうか。

この記事の続き >>
・e-Gov電子申請の3つの方法とそれぞれの課題
・新たに導入するe-Gov電子申請用のシステムに求められる機能と課題
・シンプルなe-Gov電子申請の実現には何が必要?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!