開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

富士通株式会社 CCD事業統括部提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/08

テレワークの難題「意思疎通」、オフィスの生産性を超えるために必須の2カ条

日本のテレワーク普及率は20%程度。コロナ禍を契機に昨年同期比で倍増したが、海外と比べるといまだ数値は低い。コミュニケーションの難しさなどテレワークならではの課題を不安視し、導入をためらう企業もあるが、工夫次第でテレワークの生産性はオフィスワークを超えることが可能だ。さらなるテレワークの普及には何が必要なのだろうか。鍵を握るのは「視覚による意思疎通」だと専門家は示唆する。

photo
テレワークの生産性はオフィスワークを超えられる
(Photo/Getty Images)

日本のテレワーク普及率が20%にとどまる理由

 日本のオフィスの形態が確立されたのは1960年代、高度経済成長期の頃といわれる。思想の根底にあったのは、湧き返るほどの労働力をいかに画一的・集中的に管理するか。それが生産性に直結すると考えられていた。

 だが時代とともに環境は大きく変わった。常に監視される仕事の在り方に対する疑問や、自らコントロールできない因子の増加によるストレスなどが、“雇用する側”の論理で生み出された今のオフィスを見直す原動力となった。今や、混雑した電車に揺られてオフィスに向かう「通勤」の意義さえ問われる時代となった。

 テレワークはこれらのストレスから従業員を解放し、個々の生産性を高める救世主となるはずである。だが、コロナ禍を機にテレワーク普及率が70%に跳ね上がったドイツのようなテレワーク先進国がある一方、なぜ日本のテレワーク普及率は20%前後にとどまっているのだろうか。その背景には、テレワークならではの課題を解決できていない現状がある。

 テレワークを導入した企業の多くは、「コミュニケーションの量と質の低下」「マネジメントの難しさ」などを課題に挙げる。これらの課題を不安材料とし、テレワーク導入を躊躇する企業もある。テレワークならではの課題は、どうすれば克服できるのか。自ら率先してテレワーク促進に取り組む日本を代表する企業がたどり着いた答えを見ていこう。

この記事の続き >>
・理想的なテレワークの実現に欠かせない2つのこと
・「視覚による意思疎通」をいかに実現するか
・古いPC端末を使い続けていると年間約9,000万円の損失

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!