開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

富士通株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/20

「ないがしろ」にしがちなモバイル端末選びが、テレワーク成功のカギを握る

ニューノーマルな働き方の1つとして、テレワークやハイブリッドワークが一般化してきた。こうした働き方のためにITツールやサービスを整える企業は多いが、意外と見落とされがちなのが、それらを利用する「モバイル端末(デバイス)」だ。デバイスをないがしろにしていては、従業員の生産性や満足度は向上しない。いつでもどこでも快適に作業ができる、ニューノーマル時代のモバイル端末と作業環境について考えてみよう。

photo
いつでも、どこでも快適に作業ができる、ニューノーマル時代のモバイル端末とは?
(Photo/Getty Images)

コロナ後もテレワーク/ハイブリッドワークは広がり続ける

 新型コロナウイルスの感染対策を契機に、多くの企業がテレワークを導入した2020年。ニューノーマルなワークスタイルが広がる中、オフィス勤務とテレワークを組み合わせた“ハイブリッドワーク”を採用する企業も増えてきている。

 オフィスの固定費や交通費の削減、社員のワークライフバランスが改善されることによる業務効率化、企業ブランドの向上などが期待されるハイブリッドワークは、今後も広がっていくだろう。

 一方、モバイル端末を持って自宅からオフィスなどに移動するワークスタイルが当たり前になると、IT環境の整備といった課題が生まれてくる。新たなITツールやサービスが導入されていく中で、意外と見落とされがちなのがノートPCやタブレットといったモバイル端末だ。せっかく優れたツールやサービスを導入しても、それを動かしたり表示したりする端末側が古いままでは、従業員の生産性や満足度は思うように上がらないはずだ。

 ノートPCで作業することが前提になれば、情報漏えいなどのセキュリティ対策はもちろん重要になる。加えて長時間操作しやすい画面サイズ、一方で持ち運びやすい薄さや軽量さ、バッテリーでの動作時間など、社員がストレスなく働けるモバイル端末を選ぶことが、テレワーク/ハイブリッドワークを成功させるためのキーポイントになるのだ。では、具体的にどのようなポイントで端末を選べばよいのだろうか。

この記事の続き >>
・持ち運びやすさで選ぶか、操作性の高さで選ぶか
・持ち運ぶことが前提なら「堅牢性」も重要なポイント
・マルチディスプレイ化がスムーズなら作業効率もUP

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!