開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

富士通株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/22

DX時代の仮想化基盤に必要な条件は「高信頼」「簡単な操作」、ベストプラクティスは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)の目的は、デジタル技術を活用して、新たなビジネスモデル創造を行い、競争優位性を確立していくことだ。そのためのITインフラには、高い信頼性とともに導入の容易さが求められる。企業システムで利用するサーバも、タワー型からラック型、そして仮想化を経て、現在ではオンプレミスだけでなくクラウドも併用するようになっている。そんなハイブリッド時代のシステム最適配置とITインフラ導入・運用について考えてみよう。

photo
これから描くべき仮想化基盤の姿は
(Photo/Getty Images)

DX実現には、高い信頼性と容易に導入できるインフラが不可欠

 企業のITインフラにおいては10年ほど前には仮想化技術が浸透し、1台のサーバに複数のシステムが稼働するようになった。仮想化システムの構成も、サーバに加えて外部の共用ストレージを使うものから、よりシンプルにサーバのみで構成されるHCI(ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ)へ進化してきた。さらに、オンプレミスの仮想化システムに加えて、外部のクラウドを併用する、ハイブリッドなシステム構成も増えている。

 これらのシステム構成は、ビジネスの価値を高めるために進化・変遷してきた。新しい環境では、より高い信頼性、導入の簡単さや迅速性、運用のしやすさが求められる。というのは、仮想化技術では複数のシステムを展開できるものの、システムが増えることで複雑化し、個々のシステムの設定や保守が属人化してしまう課題が生じているからだ。

 組織によっては、IT部門がインフラ管理だけにリソースを割けない事情もあるだろう。IT人材不足の中で、信頼性を保ちながらインフラ管理の導入や運用負担を軽減するHCIやクラウド導入のベストプラクティスを紹介しよう。

この記事の続き >>
・日本の商習慣・法制度・自然環境に配慮したサーバシステム
・事前に仮想化基盤を設計・検証・構築するから、すぐに使えるHCI
・HCI導入のポイントと、クラウド移行を考慮したハイブリッド環境の構築

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!