開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

サイバネットシステム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/15

「うるさい」が製品評価を下げるワケ、静音化を実現する「音響対策シミュレーション」

工業製品の研究・開発・設計領域において「音」の分析・評価が重要になりつつある。たとえば、国によっては規制対応として製品の騒音基準をクリアしなければ販売すらできない場合もある。また、ひとたびレビューサイトなどで自社の製品について「稼働音がうるさい」などと書かれてしまえば、評判を一気に落としてしまうこともあるだろう。このように、企業にとって音響の分析・評価は重要になりつつある一方、専門性が高くなかなか手が出せない領域でもある。手軽に音を解析・評価する方法はあるのだろうか。

photo
手軽に音を解析・評価する方法はあるのだろうか
(Photo/Getty Images)

音響分析・対策が重要になってきたワケ

 近年、あらゆる製品において音響分析が必要になってきている。音の分析・評価と聞くと、コンポやスピーカーなど、音響製品の品質向上のためだけに使われるようなイメージを持つ人もいるが、それだけでなくあらゆる場面で活躍している。

 たとえば、音響分析による異音検知は、製品の欠陥を見つけることに役立つことから、製造現場において音の分析・評価のニーズは高まっている。

 また、製品の付加価値向上のために、音響分析が役立つシーンもある。自動車業界の例で言えば、近年自動車の電動化が進んだことによりエンジン音の騒音は低減した一方、ドアミラーが風を切る音など、そのほかの部分の音が目立つようになり、結果それらわずかな音をいかに制御できるかが競合製品との差別化のポイントになってきている。自動車だけでなく、製品の品質が一定水準以上に達すると、“静音”が競合製品との差別化において重要になってくる。

 一方、レビューサイトなどで自社製品について「稼働音がうるさい」と書かれてしまえば、大きくブランド価値が下げることになってしまうこともある。それほど、消費者にとっても“音”は商品選択のポイントになってきているのだ。

 しかし、製品製造過程における音響分析は、高い専門性が求められることから、気軽に企業が取り組めるものではない。だからこそ、これまで経験がない人が、手軽に音を取り扱う方法はないのだろうか。

この記事の続き >>
・なぜ、中堅・中小企業も「音響分析・評価」をすべきワケ
・簡単に音響分析・評価をする方法とは?
・自動車業界、建設機械業界の導入事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!