開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

富士通株式会社 CCD事業統括部提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/06

テレワークで変わった「守るべきポイント」、今求められるセキュリティ対策まとめ

ウイルスやマルウェアによる攻撃、不正アクセスやのぞき見による情報漏えい、モバイル端末の紛失・盗難……。テレワークが当たり前になる中で、さまざまなセキュリティリスクが可視化され、守るべきポイントも「境界」から「端末」へと大きく変化している。「安全な業務環境など存在しない」ということを念頭に、エンドポイントであるノートPCのセキュリティ対策について再考したい。

photo
テレワーク時代に不可欠なエンドポイントセキュリティ
(Photo/Getty Images)

テレワークの拡大とともに広がる新たな脅威

 新型コロナウイルス感染症蔓延への対策をきっかけに、日本国内で急速に進んだテレワーク。オフィスだけでなく、自宅やカフェ、シェアオフィスなど、場所を選ばずに働けるワークスタイルが広がったことは、コロナ禍以前から叫ばれてきた働き方改革も踏襲している。

 こうしたテレワーク普及を受け、大きく変わったのがセキュリティの考え方だ。以前はオフィス内とオフィス外のネットワークを分けて、その境界を守れば安心だったが、いまや社外で社員が利用するノートPCやタブレットなどに関してもオフィスにいるのと同等以上のセキュリティ対策をしなければならない。

 実際、富士通がテレワークを実施している企業の情報システム担当者(国内351社)を対象に行ったアンケートにおいても「マルウェア感染」「パスワード漏えい」「第三者によるのぞき見」「モバイル端末の紛失・盗難」という4項目のリスクが上位になっており、多くの企業において共通の課題になっていることが分かる。

画像
テレワーク実施中の企業は、PCのセキュリティに課題を感じている

 それら脅威に対して、社員が1人1台持つノートPC/タブレットごとに強固なセキュリティを確保しようと考えた場合、複数のセキュリティ対策製品を導入することが必要になるだろう。モバイル端末の購入に合わせて、「管理負荷」や「コスト」が積み上がることは、担当者にとっては大きな悩みではないだろうか。

 では、管理負荷やコストを可能な限り抑えつつ、エンドポイント端末のセキュリティをしっかりと確保するためにはどうすべきなのだろうか。

この記事の続き >>
・高度化するウイルスやマルウェア、もはや「100%防げない」
・不正アクセスを防止するには生体認証が有効なワケ
・モバイル端末が盗難に遭っても安心できる対策とは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!