開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

メンロ・セキュリティ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/19

落とし穴は「従業員のWeb閲覧」?テレワーク企業が「SASE」を検討すべきワケ

テレワークの普及に伴い従業員のアクセス方法やエンドポイントの多様化が進む中、そうしたシステム環境の変化を狙った攻撃が急増している。企業にとって「ゼロトラスト」の考え方に基づくセキュリティ強化が喫緊の課題となっているのだ。近年、そうしたゼロトラストを実現する方法として「SASE(Secure Access Service Edge)」に注目が集まっている。ここでは、SASEが必要になる背景とSASE実現のポイントを解説する。

photo
なぜ、いまSASEが必要なのか?対策のポイントを解説する
(Photo/Getty Images)

テレワーク課題の救世主SASEの台頭

 新型コロナウイルス感染症の流行をキッカケにテレワーク移行が加速した。これに伴い、企業のクラウド利用が進んだほか、従業員は自宅やオフィスなど“あらゆる場所”から、PCやスマホなど“あらゆるデバイス”を使って仕事をするようになり、アクセス方法やエンドポイントの多様化が進んだ。

 足元では、このような企業のネットワークとセキュリティ環境の変化を狙ったサイバー攻撃の脅威が増大している。IPA(情報処理推進機構)が毎年発表している「情報セキュリティ10大脅威 2021」のランキングを見ても、「テレワーク等ニューノーマルな働き方を狙った攻撃」の項目が3位(初登場)となっている。

 こうした中、あらためて「ゼロトラスト」の重要性が高まっている。ゼロトラストとは、内側・外側問わず、すべての通信を信頼しないことを前提としたセキュリティ対策だ。

 従来、企業のセキュリティの考え方は、「ネットワークを信頼できる“内側”と“外側”に分け、その境界線で内側のシステムやデータを外側から守る」というものであった。しかし、昨今のようなITシステムの環境変化により、ネットワークの境界線が曖昧になり、従来の対策では通用しなくなってきているのだ。

 こうした課題を解決する方法として期待が集まる「ゼロトラスト」だが、これを実現するのが「SASE(Secure Access Service Edge)」と呼ばれるアーキテクチャーだ。ここからは、SASEのポイントを解説していく。

この記事の続き >>
・ゼロトラストを支える「SASE」とは
・Webブラウザが攻撃者の落とし穴になるワケ
・インターネット上の脅威を遮断するRBIを解説

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!