開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ミロク情報サービス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/14

業務効率化を阻む強敵…「属人性」と「個別最適」をバックオフィスから無くすには

今回のコロナ禍では、経理、総務、人事などのバックオフィス業務の担当者から「テレワークできない」という声が多数上がった。結果、脱ハンコやペーパーレスの動きにつながったが、実はより根本的な問題は残ったままだ。それがバックオフィス業務そのものの改革である。バックオフィス業務全体を効率化し、データ活用、さらにDX(デジタルトランスフォーメーション)にまでつなげていくためには何が必要なのだろうか。

photo
全体最適されていないシステムが業務効率化を阻む
(Photo/Getty Images)

中堅・中小企業のバックオフィス部門が抱える根本的な課題とは

 新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がテレワークを導入した。しかし、テレワークを導入した企業でも、全社員がその恩恵を享受できたわけではない。特に問題になったのが、経理や総務、人事などのバックオフィスに関わる業務だ。

 紙文書による申請、申請の承認、あるいは会計や人事などの各種データをシステムに入力するために出社せざるを得ないといった声が、多くの企業のバックオフィス部門から聞こえてきたのである。

 その背景には、バックオフィス部門がもともと抱えていた課題がある。それが“業務の属人化”だ。特に量的・質的にリソースが不足しがちな中堅・中小企業では、足りないリソースを人でカバーするため属人化が起きやすい。言うまでもなく、属人化が起きればテレワークは難しくなり、情報共有やデータ活用も困難になる。

 属人化が起きる原因は、システム側にもある。それがシステムの個別最適化である。部門ごとに給与、販売・仕入、会計などのシステムを導入し、部門内で最適化されているケースは非常に多い。これが常態化すると、システム間をまたいだ処理が困難になる。

 たとえば、データの二重入力などは、その典型だ。さらに、業務効率化を目的にワークフローシステムを導入しても、システムが異なるため十分に連携できず、属人的な業務が残ってしまう。こうした課題を解決し、バックオフィス業務を改革するには、どのような対策が有効なのか。

この記事の続き >>
・バックオフィス業務の全体最適化をどうやって実現するのか
・ERP一体型ワークフロー、そのメリットとは
・テレワークや店舗、外回りの活動をサポートするワークフローシステム

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!