開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社日立ソリューションズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/02

DXの「足かせになる」ネットワークから脱却、ゼロトラスト環境構築の前に知るべきこと

昨今のビジネス環境は変化が著しく、市場競争の激化も相まってデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが加速している。DXによってレガシーシステムから脱却するメリットの1つは、IT環境の柔軟性が向上し、多様な働き方に対応できる点が挙げられるが、そうなると従来とは異なるセキュリティ対策が求められるようになる。レガシーなネットワーク環境からの変化と、それに伴い対策するべきポイントを解説する。

photo
求められるネットワーク基盤の刷新、セキュリティ対策はどう変革すべき?
(Photo/Getty Images)

DX推進とセキュリティ

 経済産業省が「『DX 推進指標』とそのガイダンス」において定義する通り、DXの目的はデジタル技術を活用するだけでなく、業務そのものや組織、プロセス、企業文化を変革することで市場競争の優位性を確立することである。DXを推進することは、自社を取り巻く数々の課題を解決できると期待され、その取り組みはあらゆる業界でますます加速している。

 しかし、リモートワークが加速し、働き方にも大きな変革が強いられる中、クラウド移行など基幹となる業務システムをいくら刷新したとしても、企業のIT環境を根本から支えるネットワーク基盤がレガシーなままであれば、変革への取り組みを成果につなげることは困難だ。

 それでは、DXを加速させるIT環境を構築するにはどうすればよいか。その答えの1つとして、そのIT環境をセキュアに保つ「ゼロトラストセキュリティ」のコンセプトが注目を集めている。これを自社へ実際に取り入れていく際に、ぜひとも知っておくべきことを次項から解説する。

この記事の続き >>
・レガシーなネットワークから「オープンなネットワーク」へ脱却せよ
・境界がなくなるのではなく、移動する
・知っておきたい「セキュリティの維持管理」のコンセプト

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!