開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Claris International Inc.提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/20

「開発の民主化」は何をもたらす?DX推進企業がローコード開発を導入する“真の理由”

ローコードによるアプリケーション開発が、日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に欠けていた重要なピースなのかもしれない。ITがビジネスを大きく左右するようになる中で、必要な業務アプリケーションを必要な時に利用できる、そんな組織がITを武器に競争力を高めることができる。企業には、よりスピーディーなアプリケーション開発が必要になっているが、開発リソースは慢性的に不足している。ローコード開発はこれらの課題を一気に解決できると注目を集めているが、DX推進企業がローコード開発に取り組む「本当の理由」は、実はさらにその先にある。

photo
ローコード開発の奥深いメリット、DX推進の起爆剤になり得る理由
(Photo/Getty Images)

DX推進企業がローコード開発に取り組む真の狙いとは?

 従来のプログラミング言語でのコーディングによるアプリケーション開発を「プロコード」と呼ぶ。これに対して、コーディングの必要がない「ノーコード」、さらに拡張性と自由度を高めた「ローコード」の開発が今、多くの企業の注目を集めている。

 IDC Japanが調査した2020年の国内企業のローコードプラットフォームの導入状況によると、約45%がローコード開発を実践している、もしくは実践に向けて検証や検討を進めている(注1)。情報収集中の段階も含めると、その割合は57%にも上る。期待されるのは、なんといっても開発スピードの向上、そして品質の向上だ。

注1: 出典:2020年 国内DevOps/開発者 ユーザー動向調((IDC# JPJ45146720)

 エンジニアでなくともアプリケーションを作れることで開発リソース不足の解消につながり、ベンダーが提供するパーツを組み合わせて作るため、プロコード開発に比べてバグも発生しにくく、セキュリティ対策の負担も軽減できる。現場のニーズに合わせて迅速に開発・展開し、利用者のフィードバックによって利便性を高めていくこともできる。

 しかし、DXをうまく推進している企業が狙っている導入効果は、実は別のところにあるという。

 ローコード開発の導入が、実際はDXにどのような影響を与えているのか? ここからは、フォーチュン500企業の7割以上が採用しているローコード開発プラットフォームの実態を調査してみた。

この記事の続き >>
・ローコードが促す「開発の民主化」がDXの原動力に
・典型例:Excelの会員情報管理を直感的な操作だけでアプリケーション化
・Osaka Metroのローコード開発事例、1000台以上のiPadで業務アプリを活用

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!