開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社IDCフロンティア提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/07

オンプレミスを活かしつつ、クラウドの良さを“つまみ食い”するDX基盤の構築術

DXという旗印のもとクラウドシフトの必要性が叫ばれている。しかしながら、一般的なパブリッククラウドとオンプレミスIT基盤との間には、アーキテクチャを含め、数々の点で大きな隔たりがあるため、そう簡単に移行できないのが現実だ。クラウドサービスはハードルを越えてでも得るべきメリットがあるのは確かだが、そのために不必要なリスクを冒すべきではないだろう。オンプレミスIT基盤をクラウド化するにあたり、どのようなアプローチが求められるのだろうか。

photo
クラウドのいいところをつまみ食いしてモダンなITシステムを構築せよ
(Photo/Getty Images)

求められるDX基盤の構築とパブリッククラウド移行への課題

 めまぐるしい市場の変化に柔軟に対応するためにも、企業ではDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が叫ばれている。そのためには、レガシーなITシステムを刷新しクラウドを活用していくべき──と言うことは経済産業省のレポートにおける『2025年の崖』などで散々言及されてきた。

 しかし、いかにして現行のオンプレミスのシステムを、信頼性と高い再現性をもってクラウドへ移行するかは、簡単なミッションではない。特に早い時期から業務をIT化してきた企業は、オンプレミスを前提に最適化され過ぎてしまい、いまあるシステムをパブリッククラウドに移行するリスクは大きい。

 だからと言って、クラウド側のアーキテクチャに併せてシステムを一から作り直すのは危険だ。膨大なコストを要するうえ、既存の機能をどこまで引き継げるかも課題となってくるだろう。そもそも、クラウド移行そのものを目的としてしまっては本末転倒である。あくまで目的はITシステムを用いた変革であり、クラウドはそのための手段に過ぎない。

 既存のシステムを正しく活かそうとする場合には、クラウドのいいところだけ“つまみ食い”するのがポイントになる。では、どのようなDX基盤を構築すれば、つまみ食いが可能になるのだろうか。

この記事の続き >>
・そもそもクラウドの“いいところ”とは?
・オンプレミスのシステム資産を容易に引き継ぐ方法
・「コンテナ活用」によるモダナイズも可能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!