開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

レノボ・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/04/13

ニューノーマルに「ハイブリッドワーク」が効く理由、新たな働き方の特徴とは

新型コロナウイルス感染症の蔓延防止という目的もあり、2020年以降、急速にテレワークが一般化した。さらにライフスタイルの変化により、個人の働き方の多様化が急速に進んでいる。そうした状況の中で、働き方の新しい潮流となりつつあるのが「ハイブリッドワーク」である。ポイントとなるのは「一人ひとりが働き方を能動的に選択する」という点だろう。個人にとってのみならず、企業にとっても生産性向上をもたらすものとして期待されている。このハイブリッドワークの特徴や導入のポイントを解説する。

photo
「ハイブリッドワーク」とは何か?

企業にとってもメリットがあると注目されるハイブリッドワーク

 コロナ禍によって、テレワークやリモートワークが普及し、「働き方の多様化」が加速している。特に首都圏ではテレワークの実施率が50%を超えるなど、一定の定着の兆しを見せている。しかし、その一方で首都圏以外の地域や中小企業など、テレワーク実施率がさほど高くないなど、その浸透には企業によって大きな差がある状態となっている。一時的にテレワークを導入したが、やめてしまったという企業も見受けられる。

 つまり働き方が二極化している状況があるのだ。テレワークの普及によって、企業・組織・働き手の意識が少しずつ変わってきたが、まだまだ本質的なところでは変わっていないとの見方もある。

 働き方の新たな潮流として注目されているのが「ハイブリッドワーク」だ。ハイブリッドワークとは一般的には、オフィスワークとテレワークとを組み合わせて、併用しながら働くワークスタイルのことだが、ハイブリッドワークの本質は別の観点に存在する。

 ハイブリッドワークには「働き手が能動的に働く場所を選択する」という、感染症蔓延対策のための在宅勤務を含むこれまでの働き方とは非連続な変化が求められる。

 このハイブリッドワークは働き手にとってのみならず、企業側にとってもメリットをもたらす仕組みとして期待されている。「ハイブリッドワークの本質とは何か」について、企業の視点も交えつつ、その特徴や導入のポイントを解説する。

この記事の続き >>
・テレワークの普及によって働き方のどこが変わったのか?
・在宅勤務とハイブリッドワークの最大の違いとは?
・働く場所をポートフォリオとして捉えることがもたらすもの

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!