開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ティーガイア提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/31

「テレワークの必要条件」モバイル端末管理の最適解は? “シンプル運用”が効く理由

コロナ禍によって我々の働き方は大きく変わった。最も大きい変化がテレワークの拡大だ。在宅で働くことが当たり前になり、今後は在宅やオフィスなど、場所を問わず働けるハイブリッド ワークが進むと考えられている。そこで重要になるのが、スマートフォンやタブレットなどのモバイル デバイスとそのセキュリティ対策だ。ここでは、新しい働き方に不可欠なモバイル デバイスを取り巻く課題を整理し、企業がとり得る対策を考える。

photo
モバイル端末管理が「シンプル運用」でうまくいく理由とは
(Photo/Getty Images)

進むテレワーク環境の再構築とモバイル デバイスのセキュリティ対策が抱える課題

 2020年4月7日に第1回の緊急事態宣言が発令されて、約2年が経過した。その間の大きな変化の1つが「テレワークの広がり」だ。ただし、その中身はコロナ禍の発生直後と現在とでは大きく変わりつつある。

 当初、多くの企業は緊急避難的にテレワークを導入した。このため、その環境はセキュリティの観点で多くの問題を抱えていた。コロナ禍が短期で収束したのであれば、環境を元に戻せばよいのでそれでもよかった。しかし現実には、コロナ禍は長期化し、その後の人々の働き方を不可逆に変えてしまった。

 その結果、いま起きているのは当初のテレワーク環境を再構築する動きだ。具体的には、在宅勤務と出社勤務の両方に対応できるハイブリッドな働き方に対応できるセキュアな環境へと再構築が進んでいる。「ゼロトラスト」という新しいセキュリティの考え方が注目されているのも、こうした背景があるからだ。

 ただし、こうした動きの中で見落とされがちな、あるいは対策が難しい課題がある。それがスマートフォンやタブレットなどのモバイル デバイスのセキュリティ対策である。

 もちろん、多くの企業は MDM(モバイル デバイス管理)製品などを導入しているだろう。しかし、導入した製品を十分に活用できている企業は、決して多くはない。高額で多機能な MDM を導入したにもかかわらず、使っているのは画面ロックだけといったケースは、決して少なくないのだ。

 なぜ企業は、モバイル デバイス管理に翻弄されてしまうのか? コストや工数をかけずモバイル デバイスを「シンプル運用」するための環境とともに解説する。
この記事の続き >>
・企業が MDM を活用しきれない理由とは?
・「ほぼノー管理」でデバイスを保護するために
・企業のモバイル活用で見落とされがちな点とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!