開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

AvePoint Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/05/18

Microsoft Teamsの落とし穴、「チャット部屋」のずさんな管理は超危険と言えるワケ

コロナ禍で新たな働き方としてリモートワークが広く普及したが、多くの企業ではこの急激な働き方の変化にセキュリティ対策が追い付いていない状況がある。たとえば、コロナ禍以降、多くの企業は社外の関係者とのコラボレーションにチャットツールなどを活用するようになったが、プロジェクト終了後にそのままチャット部屋を放置しているなど、ずさんな管理となっており、情報漏えいやサイバー攻撃の標的になるリスクが高まっている。こうした課題を解決する方法はあるのだろうか。

photo
社外の関係者とのコラボレーションにチャットツールなどを活用するようになったが、プロジェクト終了後にそのままチャット部屋を放置しているなど、ずさんな管理となっている…
(Photo/Getty Images)

リモートワークで浮き彫りとなった課題

 企業のリモートワークが普及する中、浮き彫りとなった課題も多い。たとえば、社内外の関係者とのコミュニケーションにおいて、コロナ以前は口頭でのやり取りに加えて補足的にメールを活用していた。しかし、リモートワーク下ではやり取りの手段がメールに集中し、メール件数増加に伴い作業時間が増えたり、誤送信による情報漏えいが起きたりしている。

 特に、パスワード付きZIPファイルのファイル共有がもともと抱えていた課題が際立っている。メール件数が増える中、ZIPファイルとパスワードを別々の人に送ってしまうミスも多発しているほか、そもそも共有したいファイルの複製があらゆる関係者にわたることで、セキュリティリスクが高まることから、改めて脱PPAPの必要性も指摘されているのだ。

 こうした中、脱PPAPを進めつつ、社内外の関係者と円滑にコラボレーションをする手段となるのが、Microsoft Teamsをはじめとしたチャットツールだ。ファイルの共有や管理がシンプルになるチャットツールを活用すれば、作業効率もアップする。実際に、チャットツールを活用する企業も増えてきているが、ここには大きな落とし穴があるのだ。

 たとえば、チャットツールで社外とコラボレーションをする際によくあるのが、社外の関係者を招待したチャットの部屋をプロジェクト終了後もそのまま放置しているといったケースだ。これは言い換えれば、入館証を社外の関係者に渡したままにしていることと同じであり、セキュリティ上のリスクが非常に高い状態と言えるのだ。

 コロナ以降、欠かせない存在となったチャットツールを安全に活用する方法はあるのだろうか。

この記事の続き >>
・社外関係者とのチャットツール活用は「穴だらけ」?その理由とは
・花王「チャットツール」のセキュリティ向上と生産性アップを実現できたワケ
・機密情報に関わる「会話」を簡単に見つけだす方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!