開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社東芝 東芝情報機器株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/03/16
法人向け2 in 1タブレットの本命登場!  戸田 覚が東芝「dynabook R82」の使い勝手を徹底レビュー(前編)

ビジネスに最適なタブレットとは何か? 数々のタブレットを検証してきた戸田覚氏が、東芝「dynabook R82」を徹底レビュー。戸田氏が注目する「dynabook R82」のポイント、そしてビジネスの現場での使い勝手は?

戸田 覚(とだ さとる)
1963年生まれ。ビジネス書作家として、著書は累計で140冊を超える。PCやタブレットへの造詣も深く、徹底したユーザー視点、辛口の評価で多くのファンを獲得している。著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい』(ダイヤモンド社)など。

もはや軽いだけの「モバイル性」では物足りない

一昔前まで、モバイルノートPCはコンパクトで軽いほどモバイル性が高いと言われていた。だが、ここ数年で状況が一変している。仕事の道具として持ち歩くには、単に軽いだけのモバイル性では物足りなくなってきたのだ。

スマホやタブレットが普及し、Windows 8の登場がノートPCの携帯性を大きく変えている。例えば、移動中にメールをチェックするために、わざわざPCを開く人はいない。ほとんどの人がスマホで済ませるだろう。ところが、長文の返事を書いたり、Microsoft Officeの書類をチェックするならノートPCを使いたくなる。

つまり、本当のモバイル性とは、使い勝手や入力性が自分にマッチしているという前提で、持ち歩きのしやすさを判断しなければならないのだ。

スマホは常に携帯しているとして、PCとタブレットの両方を持ち歩いていたら仕事には大変に有利だ。詳しくは後述するが、タブレットの閲覧性やPCの作業性の両方が常に利用できるのなら理想の環境といえるだろう。そこを目指したOSがWindows 8で、「2in1」と呼ばれる、タブレットとPCどちらにも使える製品が増えてきた。

photo
Windows 8 デバイスの中でも、タブレットとしても、
PCとしても使える「2in1」タイプに注目が集まっている。


2in1モデルは、各社がさまざまなタイプを発売しており、キーボードを360度回転することでタブレットとしても使える製品が目立っている。

ところが、2in1を買うならタブレット脱着式が正解だということをご存じだろうか?

ページ上部へ

脱着式が正解の理由とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ご購入・導入のご相談はこちら


法人向け製品情報はこちら


Web直販モデルはこちら




 dynabook R82(東芝)
 CPU: インテル® Core™ M-5Y71 vPro™ プロセッサー
 OS: Windows 8.1 Pro Update
 メモリ: 4GB
 SSD: 128GB
 ディスプレイ: タッチパネル付き 12.5型 フルHD
 質量: 約1.41キログラム
 バッテリー駆動時間: 約10時間

 RT82(東芝)
 質量: 約699グラム

関連コンテンツ

企業が今導入すべきタブレットとは?エバンジェリスト、編集部の視点から徹底解剖します。

今、企業が導入すべきビジネス タブレット

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!