開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社日立システムズ/SAPジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/08/10
 海外進出した国内企業がひそかに抱える、グローバル拠点のIT混沌化問題とは?

経済のグローバル化が進むなか、大手ばかりでなく中堅中小企業も海外進出が進んでいる。ところが、海外に進出した企業の多くにはある共通の悩みが存在している。スピードを重視し過ぎたあまりに、現地のITシステムが混沌化しているというのだ。しかもそれは、企業規模の大小を問わないという。いったいその課題とは何なのか。解決策はあるのだろうか。

海外拠点のバラバラなシステムが引き起こすさまざまな課題

photo
海外進出した国内企業が抱える、共通のIT課題とは?
 日本企業の海外進出は、企業規模や業種を問わずもはや当たり前となっている。縮小する国内市場に見切りを付け、生き残りをかけて海外に進出する企業、新興国の成長を自社の成長に取り込もうとする企業など、すでに多くの企業が海外進出し、活躍しているのは周知の事実だ。

 海外進出を目指す企業の目的は、大別すると2つの流れがあるという。ひとつは製造拠点として、人件費が安い国を求めた海外進出だ。かつて中国に進出していた企業は、人件費高騰、経済的リスクといった「チャイナリスク」を回避する目的で、近年はASEAN地域への拠点進出を求めている。もうひとつは、経済活動が活発な新興国への、販売拠点としての海外進出だ。こちらも前者と同じく、タイ、シンガポール、インドネシアといった東南アジアに進出している企業が増えている。

 しかし、ここにきてシステム面で課題を抱える企業からの相談が目立ってきたと語るのが、数多くの企業の海外進出をシステム面で支援してきた日立システムズ 伊達 信也氏だ。

「近年、すでに海外に進出されているお客様から、本社からの統制が効かない、あるいは海外拠点の情報がわからない、という声を多く聞くようになりました。実は、はじめて海外に進出した際、立ち上げスピードを最優先するため、現地ベンダーの安いシステムを導入してしまい、数年経っても各国でシステムがバラバラのままになっているケースが非常に多いのです」(伊達氏)

 伊達氏によれば、大手と呼ばれる企業であっても、現地にどのようなシステムが導入されているのかすら把握できておらず、レポートの際に必要な決算情報だけをなんとかメールで集めている、というケースも決して珍しくないという。中堅・中小企業はもちろん、大手企業の海外支店や海外拠点、関連会社などでも、スピードを重視し過ぎたがゆえに同様の問題が顕在化しているのだ。

「経営陣はグローバルで何が起きているか、さまざまな情報を分析・把握して経営判断したいと考えます。しかしシステムがバラバラだと、たとえばある国で特定の商品が売れたとしても、それが本社にリアルタイムに伝わらなければ、効果的な施策を打つことができず、機会損失してしまいます。また、拠点ごとにシステムが異なると、各国ごとに専任の技術者が必要になるため、システムの運用や改修に多額の費用がかかります。こうした問題は、ビジネスが拡大し、拠点が増えれば増えるほど、大きくなっていきます」(伊達氏)

 こうした問題を解決するため、海外進出している企業のあいだでいま、海外拠点のERPをリプレースして統一する動きが活発化しているという。

この記事の続き >>
海外拠点の混沌化を解決するための要件とは
国内と海外とで、必ずしも同一製品でなくてもいい?
標準化の次に考えるべき、経営判断強化のための一手とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!