開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Tableau Japan 株式会社、アドビ システムズ 株式会社、SATORI株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/12/21
ソーシャルメディア時代に効く戦略 徳力基彦が「ユーザーに頼れ」と語る理由、“認知やCVRだけを追う組織”になっていないか?

インターネットの普及により、これまでのマーケティングは変革を余儀なくされている。特にソーシャルメディアの登場は、誰もが気軽に意見を発信できる「一億総メディア化の時代」を推進し、もはや一般ユーザーの方が、企業よりも相対的に力が強くなってきた状況だ。ソーシャルメディアの企業活用に関する啓蒙を行うアジャイルメディア・ネットワークの徳力 基彦氏は「ソーシャルメディアでユーザーがメディア化し、従来のマスマーケティングとは異なる価値観のパラダイム・シフトが生まれています」と指摘する。新時代のマーケティングを成功に導くアプローチとはいかなるものだろうか?

photo
アジャイルメディア・ネットワーク 取締役 CMO ブロガー 徳力 基彦氏
NTTにて法人営業やIR活動に従事した後、IT系コンサルティングファームを経て、2002年にアリエル・ネットワークに入社。2006年からは、アジャイルメディア・ネットワークの運営に参画。2009年2月に代表取締役に就任後、2014年3月より現職。最新のネットマーケティングに関する複数の執筆・講演活動も行っている。著書に『アルファブロガー』等

日米のマーケティング構造の違いとは?

 日米のマーケティング事情を振り返ると、日本は未だにテレビや新聞などのマスマーケティングが強い傾向にある。一方で、古くから多チャンネルだった米国は、相対的にテレビCMの影響力は低かった。近年の動画配信サービスの隆盛もあり、いまや全員が同じCMを見る機会は少なくなっている。マスメディアのもう一角である新聞も、海外では多くが運営の危機に陥っていると、徳力 基彦氏は語る。

「そういう意味では、日米のマーケティング構造は違います。日本はまだテレビが強い。象徴的なのは、スマホのゲームやニュースアプリを展開する企業が、テレビCMをたくさん流していることでしょう。テレビに広告を打ったほうが、コスト効率がよいことを知っているからです。このように日本では、マスマーケティング手法で伸びている企業もまだまだ多いし、今もマスが重要であることに変わりません」(徳力氏)

 とはいえ、ソーシャルメディアの登場でユーザーは「メディア化」した。彼らの口コミの影響で顧客が増えるという構造も成り立つようになった。

企業にとってソーシャルメディアは本当に「運任せ」なのか?

 たとえば、最近大ヒットになった映画の『カメラを止めるな!』は、ツイッターなどのソーシャルメディアで評判が広まり、いまや興行収入31億円を突破するほどの人気ぶりだ(2018年12月現在)。マス広告は一切使わず、何度もテレビCMを打っているような映画の興行収入を軽く抜いてしまった。

 ソーシャルメディアで火がつき大ブレイクする現象は、『シン・ゴジラ』『PPAP』などもはや珍しくない。我々はいつの間にか変曲点に差しかかっていたのだ。

 従来のマスマーケティングは、単純化してしまえば「お金を払って認知を買う」、コントロールしやすいものだった。しかしソーシャルメディアによる口コミマーケティングはアンコントローラブルで、「運任せに過ぎないのでは?」と考える向きもある。

 しかし、徳力氏はソーシャルを活用するのは決して運だけではなく、「いかにユーザーと本当の意味で共創できるか。ある意味、ユーザーに頼れるかどうかが重要です」と語る。

この記事の続き >>
・マスマーケティングとファンベースの口コミを組み合わせる方法とは
・CVRに踊らされず、裏側の数字やインサイトを見て立体的に分析
・ソーシャルにより、ユーザーと顧客の関係は「むしろ昔に戻った」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!