開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社サテライトオフィス、株式会社ミロク情報サービス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/10/16
 元インターポール中谷昇氏が警鐘「情報は“流出”していない、”盗まれている”のだ」

「サイバー攻撃の脅威」といっても、その脅威を直接体験する人は決して多くはない。しかし、日々その脅威、そしてサイバー犯罪者と対峙し続けたのが中谷 昇氏だ。警察庁時代は情報技術犯罪を担当し、インターポールでは、2016年2月に起きたバングラデシュ中央銀行のサイバー攻撃の捜査にも携わった。現在は、ヤフーの執行役員としてサイバーセキュリティを担当する中谷氏に、デジタル社会におけるサイバー脅威と犯罪の最新動向、セキュリティ対策を聞いた。

データ経済の発展がもたらした「データを巡る争い」

 現在のデジタル社会において、サイバーセキュリティのカギを握るのが「データ経済」だ。いまやデータは、個人の生活から企業の経済活動、国の成長にまで関わっている。それは、GAFAと呼ばれる巨大IT企業たち(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)の隆盛を見れば明らかだろう。

 データ経済は、データを巡る争いを引き起こす。争いには公正なものと不公正なものがあるが、サイバー攻撃はもちろん後者だ。そこで狙われるのは、個人のプライバシーや企業の機密情報、国家の安全保障に関わるデータである。元インターポール、現ヤフー サイバーセキュリティ担当の中谷昇氏は、現在のサイバー攻撃の特徴と攻撃者の種類を、次のように説明する。

photo
ヤフー 執行役員(政策企画、サイバーセキュリティ担当)
中谷 昇氏
1993年警察庁入庁、情報技術犯罪対策課課長補佐などを歴任。2007年にインターポール(国際刑事警察機構)へ移り、情報システム・技術局長兼CISOなどを歴任した後、2012年にインターポールのサイバー犯罪対策組織INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)の初代総局長に就任。2019年4月より現職

「現在のサイバー攻撃の特徴は3つあります。1つは攻撃が高度化していること。2つ目は被害が急速に拡大すること。そして3つ目は発見が困難であることです。

 攻撃者の主体は大きく5つです。金目当てのオンライン犯罪者、政治的主張を目的とするハクティビスト、テロリスト、悪意を持った内部関係者、そして国家です。

 どれに狙われるかによって対応は変わります。たとえば、国家主体の攻撃に個人や企業で対応することは不可能です。警察などを通じて、国と協力しながら対応する必要があります」(中谷氏)

 ただし、すべてのサイバー犯罪には共通点があると中谷氏はいう。それはデータが“盗まれている”ということだ。ところが、日本のメディアの論調は異なるとも指摘する。

この記事の続き >>
・盗まれたのと流出したのでは、対応はまったく異なる
・銀行強盗も誘拐も「犯罪は現実空間からサイバー空間へ移行している」
・ロンドンもリオも狙われた、東京五輪もターゲットになる可能性
・サイバーセキュリティの最大の脆弱性は「人」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!