開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

東京エレクトロン デバイス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/03/27
 データ活用を支えるITインフラはクラウド「だけ」でよいのか?

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の掛け声のもと、いまやIT先進企業にかぎらず、あらゆる業種・業界の企業がデータを活用してビジネスの変革に取り組んでいる。では、それを支えるITインフラは、いまどうなっているのか。長年、企業のITインフラ、特にストレージまわりを調査してきたテクノ・システム・リサーチのシニアアナリスト 幕田 範之 氏に、データ活用とITインフラの最新動向を聞いた。

画像
テクノ・システム・リサーチ
シニアアナリスト
幕田 範之 氏

企業のデータ活用の現状とIT部門に求められる役割の変化

 GAFAやBATを例に挙げるまでもなく、現在の企業にとって、「データ」はビジネスを左右する重要な資産だ。この資産を活用し、どれだけの価値を引き出せるかが、企業の成長に直結しているといってもよいだろう。

 これまでは先進的なIT企業が先行していたデータ活用だが、DXが注目される中、いよいよ業種・業界を問わず取り組みが本格化してきたようだ。幕田氏も、企業の変化を次のように述べる。

「経営層からIT部門への要望を調査した2015年と2018年の結果を比較すると、違いが明確です。2015年のトップ3は『コスト削減』『セキュリティ』『安定運用』でしたが、2018年はこの3つがすべて低下し、代わりに『生産性向上』『業務改革』など、ビジネスに直接貢献する取り組みへの要望が増えています。つまり、3年間でIT部門に求められる役割がガラッと変わったのです」(幕田氏)

画像
2015年と2018年の調査データ

 ただし、IT部門が対応できているかというと、現実はそれほど甘くないようだ。そもそも、従来のIT部門は「安定稼働」や「セキュリティ」といった“守り”を求められていた。それが、わずか数年で“攻め”を求められても、即座に対応することは難しいだろう。

「さらに、人が足りません。我々の調査では、IT部門の人材不足を挙げる企業が90%を超えています。この傾向は、ここ5~6年変わっていません。また、その中身を見ると、インフラの設計・構築を担当するエンジニアが減っています。そこを減らしてデータ活用に回しているものの、なかなかうまくいっていないのが実態だと感じます」(幕田氏)

 そして、この変化はストレージに対する企業の認識も変えつつあるという。

「2018年、2019年にストレージに対する企業の要望を調査したところ、1位は『障害が少ない』、2位は『止める必要がない』、3位が『運用が楽』でした。それに続くのが、かつてはトップであった『バックアップ』です。人手の足りない企業がいま求めているのは、障害が少なくて運用が楽なストレージなのです」(幕田氏)

この記事の続き >>
・注目のテクノロジー「コンテナ」とそれを支えるインフラ
・ハイブリッドクラウドの4つのフェーズ
・データを担う「基盤と人材」には何が必要か

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!