開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ストラタステクノロジー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/04/27
 IoT最新動向2020、「エッジコンピューティング」はビジネスにこう生かせ

IoT市場に多様な技術が登場し、適用分野も広がってきた。自動車産業や製造業だけでなく、物流、エネルギー、建設、小売、教育、金融、保険などでも、IoT技術が幅広く利用されている状況だ。成長著しいIoT/エッジコンピューティング市場の最新動向と展望、成功するポイントについて、アイ・ティ・アール 取締役 リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリストを務める金谷 敏尊氏が解説した。

IoTが積極的に活用される分野とそのキーテクノロジー

 ITRの金谷敏尊氏は「スマートシティ」「コネクテッドカー」「スマートトランスポーテーション」「スマートロジスティック」「スマートガバメント」「スマート農業」「スマートリテール」などを新興市場として紹介した上で、「これらの産業ではIoT関連への投資意欲が非常に活発になっている」と解説する。

 用途としては、モノや車両のトラッキング、工場ラインや設備のモニタリング、エネルギー・生産・サプライの最適化など、製造分野での適用が特に多い。ただ最近では、金融分野からIoT決済などの新サービスへ投資する動きもある。

「特にIoT技術としては、IoTプラットフォーム、AI/マシンラーニング、Wi-Fi、5Gなどの活用例が多く見られます。現在は限られた利用率のドローン、自律ロボット、AR/VR/MR、デジタルツイン、エッジコンピューティングも将来へ向けて適用分野が拡大すると見られます。」(金谷氏)

画像
現在活用しているIoT技術と、3年後の見通し。「IoTプラットフォーム」が最も高い値を取るが、ほかの技術も伸びを見せる

 一方で、IoT推進上の課題としては「社内スキルの不足」「市場のソリューションが十分に把握できていない」「社内制度や組織の壁によりイノベーションを進めにくい」「セキュリティの懸念」などがあると同氏は指摘した。
この記事の続き >>
・IoTの処理に不可欠な「エッジコンピューティング」のメリットとは
・自動運転にエッジコンピューティングはこう生かされる
・「スマートファクトリー」実現のためには、〇〇に注目せよ
・従来の価値観や手法は通用しない? IoTビジネスの展望と成功のポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!