開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

エムオーテックス株式会社、富士通株式会社、ソフォス株式会社、ヴイエムウェア株式会社、株式会社レコモット、株式会社JALインフォテック、ゾーホージャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/03
 狙われやすい「システムの特徴」とは?リモートワークの落とし穴をまるごと解説

新型コロナウイルス感染拡大をキッカケにリモートワークが普及し、Web会議システムやクラウドサービスなどのITツールの活用が進んだ。しかし、同時に企業の環境変化を狙ったサイバー攻撃も増えてきているという。内閣府本府情報化参与最高情報セキュリティアドバイザー、経済産業省情報セキュリティ対策専門官などを務める、川口設計 代表取締役の川口 洋氏が、昨今生じているインシデントと特徴、その対策について解説してくれた。

デジタル活用・新型コロナ対応が、セキュリティリスクを高める?

 新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワークの浸透により、企業内のIT環境は激変した。しかし、それに応じたセキュリティ対策をとれている企業は少ないようだ。

 川口設計 代表取締役の川口洋氏は、「2020年の緊急事態宣言発令時は、個人情報を扱うPCなどを暫定的な対応として、自宅へ持ち帰らせていた組織もあると思います。しかし、それから1年経っても応急処置的な対応を続けている企業があり、攻撃者に狙われる可能性が高まっていると言えます。早急に、セキュリティ対策を社内のルールや仕組みに落とし込んでいくべきです」と警鐘を鳴らす。

photo
川口設計
代表取締役
川口 洋氏

 さらに、攻撃が多発している背景には、急速に進む日本企業のデジタル化も関係しているという。ここ数年、企業や自治体のデジタル活用が急速に進んだが、それに伴いサイバーセキュリティのインシデントが多発しているのだ。

 たとえば、Web会議のURLを参加者に通知する際、個人情報であるメールアドレスが全員に分かるよう共有されたり、組織外の関係者と使用しているクラウドストレージで個人情報が外部から丸見えになってしまったりなど、利用者のリテラシーによる問題もいくつか生じているのだ。

 企業内に潜むインシデントはこれだけに留まらない。ここからは、企業が見落としがちなリスク要因を解説する。

この記事の続き >>
・ツール活用に伴う情報漏えい…なぜ起きてしまうのか?
・VPNとID管理の脆弱性、いかに対処すべきか?
・管理が甘く狙われやすいシステムの特徴とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!