開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ソリトンシステムズ、富士フイルム株式会社、クラウディアン株式会社、株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/08
 クラウドは「仮想サーバの延長」ではない ITRの調査が示す企業に“欠けた視点”とは

DX(デジタルトランスフォーメーション)や新規事業開発に求められる迅速で柔軟なITサービスの展開には、クラウドテクノロジーの活用が欠かせない。クラウドシフトの重要性が指摘されるようになって久しいが、実際にどれだけクラウド利用が進んでいるのだろうか。そして、今後クラウドシフトを実施するには、どのような視点で取り組むべきだろうか。ITにまつわる調査や提言を行うアイ・ティ・アールの甲元宏明氏が解説する。

国内企業の約半数がハイブリッドクラウドを活用している

 DXのための新規アプリケーションの迅速構築、ディザスタリカバリ(DR)の容易な確立、システムの構築・運用コスト削減など、クラウドには数多くのメリットがあり、すでに企業におけるIT基盤の最重要テクノロジーとなっている。

 アイ・ティ・アール(以下、ITR)のプリンシパル・アナリスト 甲元宏明氏は、日本企業におけるインフラ関連テクノロジーの活用動向を次のように説明する。

「ITRが2020年11月に実施した調査では、最も活用が進んでいるのはSaaSであり、約4分の3の企業が利用しています。次いで多いのがPaaS、IaaSの順となっており、合わせると約6割です」(甲元氏)

 一方、プライベートクラウドについても、同程度の約6割が利用しているという。約半数の企業は、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方を使うハイブリッドクラウドを活用している状況だ。

画像
ITRの調査では、国内企業はハイブリッドクラウド指向であることが明らかになった

「またコンテナやKubernetes、マイクロサービスやクラウドネイティブアプリなど、最近ITインフラ系で話題になることが多いテクノロジーに関しては、約3分の1の企業が使っていることがわかっています。これは私の見解としては意外に多く、さらに増えていくものと予想しています」(甲元氏)

 クラウドサービスの活用パターンを時期別に見ていくと、現在と約3年後、どちらもハイブリッドクラウドを活用すると答えた企業が最多を占めていることがわかる。

 このようにクラウドの活用が進んでいる一方で、甲元氏はある課題が潜んでいると指摘する。

「多くの国内企業は、『仮想サーバの延長』でしかクラウドを捉えておらず、ある視点が欠けていると感じます」(甲元氏)

 その欠けている視点とは何か。そして、ビジネス成果につながるためのクラウド導入をどのように行っていけばよいのか。

この記事の続き >>
・これから主流になるクラウドアーキテクチャーのパターンとは
・クラウド移行でビジネス成果を獲得するには
・見逃しがちなストレージ活用の視点

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!