開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社SmartHR、オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社、オリックス株式会社、ゼットスケーラー株式会社、Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/30
 味の素・福士氏が語る「DX成功の絶対条件」、CDOがコミットすべき最重要課題とは?

DXを推進するにあたり越えなければならない、いくつかの壁が存在する。DX推進には社内・社外の抵抗勢力との衝突が避けられず、結果的に組織全体の再編が迫られるケースも少なくない。こうしたDXの難しさを乗り越える上で、「CDO(Chief Digital Officer)のリーダーシップによる組織変革が重要だ」と強調するのが、味の素 取締役 代表執行役副社長 CDOを務める福士博司氏だ。福士氏はこれまで化学・バイオ関連のアミノサイエンス事業を中心に、数々の組織変革・事業開発プロジェクトを成功に導いてきた経歴を持つ。今回、福士氏に組織論の観点から、DXのキーポイントを聞いた。

DXの根幹にある「人と組織」の課題

 なぜ、多くのDXの取り組みは頓挫しやすいのだろうか。それは、組織変革を伴うDXは、多数の利害関係者を巻き込んだ取り組みとなるからだ。

 DXのポイントと、それを率いるCDOに求められる意識について、味の素の組織変革の立役者となった福士氏は、「CDOがDXの旗振り役として有効に機能するには、個々のテクノロジーに対する理解を深めるだけでは足りず、それらを統合して、組織・社会全体の中にどう位置付けるのか、明確なビジョンを示すことが求められます」と語る。

 福士氏のDXの構想は、単なる先進的なIT技術の活用法といった話には留まらない。組織設計、さらには社外を含んだエコシステムの構築といったように、その射程は広く壮大だ。福士氏によれば、これらはDXの問題は、CDOがコミットメントを果たすべき領域なのだという。DXの成功は、CDOの果たす役割にかかっているとも言えるのだ。

 ここからは、福士氏の語るCDOに求められるリーダーシップと、DXを成功させるために必要な改革を解説する。

この記事の続き >>
・大切にすべき価値は「目に見えない」と言えるワケ
・CDOがコミットすべき課題は、組織内の「葛藤」?
・「縦割り」の弊害を克服するガバナンス、いかに追求していくか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!