シュナイダーエレクトリック株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/12/22 掲載

国内企業の6割は情シス担当が不足? IT部門の人手不足を放置すると超ヤバい理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
経営層から全社をあげてDXに取り組むよう指示が出ていても、それを推進する情シス部門が「既存システムの運用管理で精一杯」という状況はよくある話だ。情シス部門は、IT機器の運用管理やトラブル対応など、現状のビジネスを維持するための対応に追われながら、既存システムのクラウド移行やネットワーク環境の刷新など、成長を加速させるための取り組みも求められている。担当者の少ない情シス部門にこの両立が難しいことは想像に難くない。可能な限り情シス部門の負担を軽減し、DXを推進する時間を作り出すには、どうすれば良いのだろうか。

photo
情シス部門の人員不足が成長を妨げることになっている。リソースをDX推進に振り向けるために、どのように情シス部門の既存業務の負担を軽減すれば良いのだろうか
(Photo/Getty Images)

情シス部門の人員不足……放置し続けるとヤバい理由とは

 DXは企業の規模によらず、成長を左右する重要なテーマとなっている。しかし、現実には「そこまで手が回っていない」という企業は多い。特にIT担当者が社内に1人しかいないような人員不足の企業では、既存システムの運用・管理で手一杯なのが現実ではないだろうか。

 実際に、ある調査データによれば、従業員300名以下の企業では、情シス部門の人員が1人だけの企業の割合が約60%にも上るという。このようなIT担当者が限られる状況下で、DXをはじめとした新しい取り組みにリソースを割くことはほぼ不可能と言える。

 また、こうした情シス部門の人員不足の状態を放置し続けると、企業の成長を妨げるだけでなく、いずれはさまざまなトラブルに見舞われる可能性もある。たとえば、老朽化したシステムを使い続けていれば、徐々に物理的な障害が増え、事業継続に支障が出る危険性もあるだろう。

 調査会社 Ponemon Instituteのレポートによれば、企業のシステムダウンタイムの原因のうち36%がファシリティの故障だという。また、ヒューマンエラーの約半数が「ケーブルなどの誤った抜線」「誤って空調を止める」などの物理的な原因によるものであり、これらを合わせると、約5割のシステムダウンが物理的な原因によるものなのだ。

画像
システムのダウンタイムの約47%は電源などを含めた物理的な原因

 物理的障害が発生すれば、担当者は現場に駆け付ける必要があるが、その間に別のインシデントが発生すれば、対応が遅れ事業継続に関わる重要サービスを停止させてしまう可能性すらある。それでは、人員の限られた情シス部門は、どのように既存システムの安定稼働を維持しつつ、それでいてDXを推進するためのリソースを作れば良いのだろうか。

この記事の続き >>
・人手のかかる「物理的障害」の対応、超効率化する方法とは
・物理的な障害、現場に駆け付けなくても対応できる理由
・“止められないシステム”を運用する自治体・医療機関の「障害対応の仕組み」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます