AvePoint Japan株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/01/26 掲載

狙われるMicrosoft 365、安全に活用するための「2つ」のポイントとは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
DXの推進により、情報ツールの高度化が進んでいる。それに伴い、ツールを安全に運用する難易度も高まっているのが現状だ。セキュリティ・コンプライアンス対策を誰が担当するのか、複雑な管理をどのように行えばよいのかなど、ツールの運用に課題を感じている企業も多いだろう。それは、ビジネスに欠かすことのできないMicrosoft 365においても同様である。同ツールを使う上で、情報セキュリティ強化を効率的に実現できる手段はあるのか。リスク管理のポイントや、効果的な手段について解説する。

photo
Microsoft 365を安全に活用するには、どうしたらよいのだろうか
(Photo/Getty Images)

情報ツールの高度化で安全運用が難しく

 DXの推進が求められる現在、情報セキュリティを強化する必要性も増している。2020年、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が発表したインシデント報告件数の推移によると、2022年9月末時点で2020年のトータル件数に迫っており、過去最多となることが予想される。

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が発表している情報セキュリティの脅威ランキングを見ると、上位にランクインしているのは、ランサムウェアや標的型攻撃といった、メールやWeb関連を利用した脅威だ。内部不正による情報漏えいや、不注意による情報漏えいもランクインしている点は見逃せない。情報セキュリティを強化するためには、外部ユーザーや情報漏えいリスクなど、あらゆるリスク管理を徹底することが必要になる。

 社内の情報共有基盤については、「最小権限の原則」つまり必要な人のみがデータにアクセスできる状態が望ましいとされている。しかし、データを全社的に活用する必要性が増している昨今、アクセス権の付与を巡る問題は複雑化しているのだ。

 また、DXの推進に伴い、普段使用するツールも高度化している。高度なツールを安全に使用するためには、デジタルツールを早く使い慣れた状態にしなければならない。

 そうしたツールで、ビジネスで普段使いするものといえば、多くの企業が使用しているMicrosoft 365が挙げられるだろう。同ツールを安全に活用するためには、どのような手法が効果的なのだろうか。

この記事の続き >>
・WordやExcelを安全に使う「2箇条」とは?
・運用上の危機をアラート&アクセス権の所在も明らかに
・バックアップの無期限保管もバッチリ

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます