アステリア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/03/13 掲載

DXの壁を壊すノーコード活用術、星野リゾートが「現場主導」でデータ活用できるワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを進めてきた企業が、データを活用する段階で足踏みしている。データソースのサイロ化とIT人材不足によって、さまざまなデータの一元管理・活用が難しいことが大きな原因だ。こうした状況の打開策として、非IT人材でも各種データソースへの接続設定を行えるデータ連携基盤やノーコードツールの導入がある。そこで本稿では、非IT人材がデータ連携やDX推進を実現する方法について、星野リゾートの事例等を交えて解説する。

データ活用を妨げるサイロ化とIT人材不足

photo
データ活用を阻む「データソースのサイロ化」「IT人材不足」の壁を破壊せよ
(Photo/Shutterstock.com)
 企業がDXに向けて取り組みを進める上で1つの指針となるのが、DXを提唱したエリック・ストルターマン氏が示した考え方だ。この考えに基づくと、DXは3つのフェーズに分けられる。

  1. 第1フェーズ:IT利用による業務プロセスの変化(デジタイゼーション)
  2. 第2フェーズ:ITによる業務の置き換え(デジタライゼーション)
  3. 第3フェーズ:業務がITへ、ITが業務へとシームレスに変換される状態

 DXの進捗が遅れていると指摘されてきた日本企業も、コロナ禍の影響を受けて多くがIT化やクラウド導入を推進した。現時点では、デジタイゼーション(第1フェーズ)の実施をほぼ終えて、デジタライゼーション(第2フェーズ)に突入している。最終目的のDX実現に向け、必要なデータ活用を実現すべく準備を進めている状況だ。

 だがここにきて、多くの企業が2つの壁に直面している。

 1つ目の壁は、データソースのサイロ化だ。デジタイゼーションによってシステム化が急速に進んだ一方で、取り急ぎ業務で必要なシステムを導入し、全体最適化より個別最適化を優先した結果、システムが乱立している。データの一元管理が難しく、データを活用するためには連携手段を用意しなければならない。

 2つ目の壁は、連携手段を用意するために必要なIT人材の確保だ。IT人材は既存システムの運用に追われ、新たな取り組みに注力することが難しい。

 こうした課題を乗り越えてDXを実現するために、企業はどのような対策を講じるべきなのか。

この記事の続き >>
・多様化するデータを「収集・蓄積・活用」で使いこなす
・星野リゾートでは開発工数がスクラッチ開発の1/30に
・非IT人材をDX人材へ転換させるノーコード活用術

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます