株式会社プロット 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/09/01 掲載

脱PPAPで両立する「安全性・利便性」、実は難問「理想的なファイル送信」の答

記事をお気に入りリストに登録することができます。
パスワード付圧縮ファイルとパスワードを別々のEメールで送るPPAP(Password付ZIP暗号化ファイルを送ります/Passwordを送ります/Aん号化(暗号化)/Protocol)方式には、マルウェア感染や情報漏えいにつながるなどのリスクがあり、政府や民間企業での廃止が広がっている。PPAPの代替手法はさまざまに登場している。ここでは社外へのファイル送信について改めてルールを整理した上で選ぶためのルール整備や環境づくりについてまとめる。
photo
脱PPAP―機密ファイルを社外に送信する際に安全性・利便性を両立する手法
(Photo/Shutterstock.com)

外部へのファイル送信は、利便性と安全性双方が課題となる

 Eメールでのやり取りには誤送信がつきものだ。PPAPは、誤ってファイルを送信した場合でもパスワードによって情報漏えいを防げるとして始まった。また、多くのOSにはZIPファイルの圧縮・暗号化機能が備わっており、送り手も受け手も新たなIT投資をしなくても利用できる。そのためPPAPは、情報セキュリティのマナーとして浸透してきた。

 利便性が高いことから普及したPPAPだが、圧縮ファイルに対する検疫が機能しない場合があり、ウイルス感染のリスクが指摘されている。また、ファイル送信の後に同じ経路でパスワードを送信することも弱点である。経路上の情報が盗み見られていたらパスワードの意味がなく、だからといって電話やFAXでパスワードを送るとなると利便性が大きく損なわれる。

 これらのリスクや課題から、政府や民間企業においてPPAPを廃止する動きが急速に広まっている。では、セキュリティと利便性を保ちながらどのようにファイルを共有すればいいのだろうか。相手に送信しようとするファイルには、それぞれ異なる機密性・容量があり、適切な手段が求められる。

 組織としてファイルごとの送付ルールを設定し、運用することがポイントとなるのだ。本稿でPPAPの代替だけではない、最新技術を取り入れた「理想的なファイル送信手段とは何か」を考察・解説する。

この記事の続き >>
・脱PPAPは、外部へのファイル送信の規定を見直すチャンス
・外部へのファイル送信のルールを「移動」に置き換えるとわかることとは?
・受取人の端末を限定する、流出しても安全なパスワードプロトコル

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます