Boomi Japan 合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/07/19 掲載

どれも同じに思える“iPaaS”、選定で比較すべきは「3つの非機能要件」「8つの観点」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
近年、多くの企業では、複数サービスの利用によってSaaSが乱立している上、クラウドとオンプレミスとの併用も増えている。このような中、システムやデータを統合的に管理・運用できるとして、注目が高まっているのがiPaaSだ。しかし多数あるiPaaS製品は決定的な差を見出しにくく、どの製品が自社に合っているのかを判断することは難しい。そこで本稿では、iPaaSの機能を紹介しつつ、押さえておくべき選定ポイントについて解説する。
photo
iPaaSをどう選定? 自社に合った製品を選ぶためのポイントとは
(Photo/Shutterstock.com)

機能に決定的な違いはない? iPaaSをどう選ぶ?

 iPaaSとは、クラウドやオンプレミスで利用する複数のシステムおよびアプリケーションのシステム連携、データ連携を可能にするプラットフォームサービスだ。多くのiPaaSが存在し、機能も非常に充実している。

 しかし、企業が実装したい機能「機能要件」で各社のiPaaSを比べてみると、どのサービスも充実していて、実際のところ、決定的な違いはない。

 そこで注目したいのが「非機能要件」、つまり企業が実装したい機能以外の要件だ。システムの性能や品質の向上、コスト削減、リスク削減、満足度の向上などが該当する。経済産業省のIT政策実施機関である情報処理推進機構(IPA)からも「6つの非機能要求グレード」というものが公表され、重要視されている。

 ここからは、6つの非機能要求グレードについて紹介しつつ、iPaaSに求められる非機能要件を「迅速な連携の実現」「容易な運用」「堅牢なセキュリティ」の3つのカテゴリーに分けて紹介する。

この記事の続き >>
・非機能要件1:「迅速な連携の実現」を2つの観点で解説
・非機能要件2:「容易な運用」を3つの観点で解説
・非機能要件3:「堅牢なセキュリティ」を3つの観点で解説
・非機能要件“3条件”をどうクリアする?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます