日本ストラタステクノロジー株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/08/03 掲載

「エッジコンピューティング」は何がスゴいのか?産業DXで注目浴びる理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
製造業をはじめとする産業DXを実現するためには、現場で発生する大量のデータを収集し、リアルタイムに可視化・分析することが必要だ。現場データの利活用が、DXの成否をわけると言える。DXを進めるためには、エッジコンピューティングの利用が効果的だ。エッジコンピューティングが注目される背景や、詳しいメリットを解説する。
photo
業務を止めないエッジコンピューティングの魅力とは
(Photo/Shutterstock.com)

産業DXで効果的な「エッジコンピューティング」の活用

 品質改善から生産性向上まで、産業の現場でもDXへの取り組みが進んでいる。DXを実現するための鍵は、現場のデータをいかに利活用するかだろう。大量に発生するデータを収集し、その場でリアルタイムに可視化し、分析して次の一手につなげる。この一連の流れを支えるプラットフォームには、長期に安定稼働できることや徹底したセキュリティ対策、簡単に扱える運用性、堅牢性など、現場ならではの機能が欠かせない。産業DXでは、業務を止めることなく、ゼロタッチで簡単に運用できる「エッジコンピューティング」の活用が効果的だ。

 そもそもエッジコンピューティングとは、利用者が使う端末やその近くの、ネットワークの末端(エッジ)部分でデータ処理を行うITアーキテクチャのことである。エッジ部分で使用するコンピューティングデバイスをエッジコンピューティングデバイスと言う。

 エッジコンピューティングは、エッジ部分でデータの処理や分析などを行う。そのため、データ分析のリアルタイム性が高いのが特徴だ。クラウドには必要なデータのみが蓄積され、データ処理の負荷も分散するため、通信の遅延が起こりにくいというメリットもある。

 以降では、産業分野においてエッジコンピューティングはなぜ今注目されているのか、エッジコンピューティングによってどのような世界が実現するのかについて、解説する。

この記事の続き >>
・産業DXでエッジコンピューティングが不可欠な理由
・攻めと守り両方のDXを実現するエッジコンピューティング
・今までのPCやサーバとは一線を画す、5つの特長

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます