株式会社日立ソリューションズ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/08/24 掲載

一筋縄ではいかない「データ利活用」、成功企業に学ぶ「データ仮想化」の手法とは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
不確実なビジネス環境の中で企業が成長していくには、データに基づいて迅速に行動を起こし、変化に柔軟に対応することが重要だ。しかし、企業内のデータはいたるところに散在し、一元管理にはコストも時間もかかる。それを解消するのが「データ仮想化」のアプローチだ。その内容・メリットと製造業での具体的な活用事例を紹介する。
photo
不確実なビジネス環境を乗り越える「データ仮想化」とは
(Photo/Shutterstock.com)

多様化・サイロ化したデータ管理の手間が、データ利活用の妨げに

 ビジネス環境の変化に素早く対応するには、デジタル技術の活用やデータに基づく戦略策定、意思決定が重要となる。しかし、データ利活用は一筋縄ではいかない。部門ごとにサイロ化されたシステムや、オンプレミスから各種クラウドに散在するデータなど、多種多様なデータが日々増大しているからだ。データ管理を担うIT部門はさまざまな依頼を受けて負担が生じており、活用以前のデータ整理にコストや時間を要することが課題となっている。

 このような課題を解消するには、開発と運用が緊密に連携して短いサイクルでシステム開発を行うDevOpsの手法をデータ活用にも応用したい。データ管理者とデータ利用者がともに協力してデータ利活用を継続的に推進する手法、すなわちDataOpsだ。

 多様でサイロ化されたデータを俊敏かつ柔軟に活用し、次の事業戦略に生かしていくDataOpsの要件を満たすのが、仮想的にデータを連携できる「データ仮想化」の技術だ。ある製造業グループが一体となって営業活動を改善した事例などを通してそのメリットを見てみよう。

この記事の続き >>
・データ利活用には、スモールスタートして拡張できる環境が必要
・柔軟性、ガバナンス、コスト最適化をもたらすデータ仮想化
・製造業におけるデータ仮想化事例―グループ一体の営業戦略の実現
・業務のためのIT基盤から、グループシナジーを創り出すプラットフォームへ

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます