ソフトバンク株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/08/28 掲載

ChatGPTなどAIを使い倒すには? ソフトバンクが解説する「失敗/成功パターン」の典型

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ChatGPTやBing AIなどの生成AIが注目を集める昨今、DXを推進する企業に重要なテーマが「AIをいかに活用するか」であろう。しかし、どれだけ優れたAIを開発できても、そのAIを活用できる人材と利用できるデータがなければ、AIを使いこなすことは難しい。つまりAI人材育成とデータ作成が、AI活用を進める第一歩であり、成否を分けるポイントとなる。そこで本稿では、事例を交えながら、AI活用を加速させるAI人材育成とデータ作成の秘訣について解説していこう。
photo
AI活用の第一歩となるAI人材育成とデータ作成の秘訣とは
(Photo/Shutterstock.com)

AI活用の「3つの必須要素」と「4つの課題」

 2022年11月のChatGPTの登場は、衝撃的だった。「働き方を大きく変えるほどの大きな影響力を持っている」と考えられるからだ。企業にとっても、AIをいかに有効活用するかが経営戦略の重要なテーマになってきた。

 AIを導入するためには、「人材」「データ」「AI・インフラ」という3つの要素を満たす必要がある。しかし、多くの企業・自治体はこの3つの要素を満たさないままAI活用を進めるため、想定した効果を出せないケースが散見される。さらにアデコが公表した「AI導入に関する意識調査」によると、AI導入時の主な課題は以下の4つだった。

 1つ目の課題は「AI導入をリードできる人材がいない」ことだ。2つ目の課題は「AIを扱える人材がいない」こと。どんなに優れたAIがあっても、扱える人間がいなければ、成果を出せないだろう。3つ目の課題は、「AIに学習するためのデータがない」ことだ。AIは有用なデータがあってこそ、生きるものである。4つ目の課題には、「現場や経営層のAIに関する理解・知識不足」が挙げられた。

 ここからは、1つ目の課題と2つ目の課題の解消につながる「AI人材育成」と、3つ目の課題解消につながる「データ作成」について、解説していこう。

この記事の続き >>
・AI活用の「失敗パターン」「成功パターン」
・AI人材の育成でつまずく「3つの課題」をどう解消?
・AI人材育成の成功事例、「学習定着7割」を実現できた秘訣とは
・AI活用の成否を決める「データ加工」の課題は3つ

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます