株式会社マクニカ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/09/12 掲載

9割の企業が「IT資産管理」に問題ありの衝撃データ、ヤバい現状に対処する必須項目3つ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
働き方改革によってテレワークやBYOD(私的デバイスの持ち込み)が一般的になってきた。その一方で、管理対象となるIT端末や、利用する外部公開サーバなどが急増、多くの企業はIT資産を管理・把握しきれない状況に陥っている。外部公開サーバの管理状況に関する調査によると、実に9割の企業で問題点が見つかったという。こうした状況が、サイバー攻撃の格好の標的になっていることは言うまでもない。そこで注目を集めているのが、IT資産管理やエンドポイントセキュリティだ。では具体的にどう対処していくべきなのか。
photo
IT資産管理の危険な現状とは。企業はどうセキュリティ対策を行うべきか
(Photo/Shutterstock.com)

9割の企業が問題を抱える「IT資産管理」の危ない現状

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の「情報セキュリティ10大脅威2023」によると、脅威の半分以上を、PCやタブレット端末などのエンドポイントに関わるものが占めていた。PCといった「内部資産」のOSやアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃がかねてから続いてたが、最近では、外部公開サーバやVPN装置のような「外部公開資産」への攻撃が大きく増加している。

 では日本企業の現状はどうだろうか。大手企業50社を対象に、外部公開サーバの管理状況を調べた調査(注1)では、衝撃的なデータが示された。それは、全体の76%でサポート切れのOSが、また90%で古いバージョンのソフトウェアが稼働中だったということだ。さらに、リモートデスクトップが外部に公開状態で運用されている企業も30%に上った。海外や関連子会社まで含めると、最終的に9割の企業に問題点が発見されたという。

 こうした現状から、管理の甘いIT資産が、効率的に搾取できるサイバー攻撃の格好の標的となっている。その上、攻撃の手法も日々アップデートが進み、過去1年間では毎月平均約1000万前後の新種のマルウェアが発見され、従来のセキュリティ対策でIT資産を守ることが困難となっている。

 では、どのようにしてIT資産を管理・把握しつつ、最新の脅威から守れば良いのだろうか。次章からは、IT資産を守るための3つの必須項目について解説する。

この記事の続き >>
・必須項目(1):攻撃トレンドで考える「セキュリティ対策の勘所」
・必須項目(2):IT資産を守る「超重要なポイント」と「2つの対策」
・必須項目(3):知っておきたい「製品選定のコツ」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます