SBクリエイティブ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/01/26 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
DXが求められるコンタクトセンター業界に、「生成AI活用」というさらなる潮流が襲いかかっている。今後5年間で、業界はどのような変化に直面し、企業はこれにどう対処すれば良いのだろうか? CXMコンサルティングの代表取締役である秋山紀郎氏が、30年以上にわたる業界経験から、新たな技術を含めたコンタクトセンターの将来像を予測した。

生成AI活用など、大きな変化が訪れているコンタクトセンター業界

 多くの企業がDXに取り組む中、コンタクトセンターも徐々にDXが進んできた。しかし「生成AI」の登場で、さらなる変化が訪れようとしている。

 CXMコンサルティングでは、CRM、CXを専門にコンサルティングを行っている。最近のコンサルティングのテーマの中でも、ホットトピックとなるのは生成AIだ。

 生成AIは急速に進化し、注目度も高い。ほかにも、コンタクトセンターシステムの将来像策定、チャット・チャットボット・音声ボットの導入、自己解決の促進・業務効率化、CXの評価などが近年のテーマになっているという。

「当社にご用命いただくパターンは主に5つ。1つ目は、ユーザー企業さまが『とにかく難しいプロジェクトだ』と考えていらっしゃるパターン。2つ目は、課題の優先度がつけられないというパターン。3つ目は、社員が足りずにプロジェクトが進められないというパターン。4つ目は、社内に専門家がいないというパターン。5つ目は、外部ベンダーが言うことを聞いてくれないというパターンです」(秋山氏)

 しかし、最も避けるべきなのは、「コンタクトセンターについて詳しくないにも関わらず、自力で検討を続けて時間をムダにするパターンです」と秋山氏は指摘する。

 そして秋山氏は30年のコンサルティング経験を通じて、2024年、また5年後のコンタクトセンターの姿を予測し、新技術を含めたコンタクトセンターの将来像について語った。

この記事の続き >>

  • ・顧客、プラットフォーム、コンタクトセンターは2028年頃どうなっているか
    ・原価高騰、人材難、生成AIの利活用が「脅威」、あるいは「機会」となる
    ・2024年のコンタクトセンターで起きることを3つ予測

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます