株式会社CYLLENGE(旧社名プロット) 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/01/17 掲載

「手間」「コスト」「効果が不明」…三重苦の情報セキュリティ教育を簡略化する秘策

記事をお気に入りリストに登録することができます。
サイバー攻撃が激化する中、ひとたび個人情報の漏えいといったセキュリティインシデントが発生すれば、企業イメージが失墜してユーザーや取引先が離れてしまいかねない。多くの企業がセキュリティ対策としてツールの導入を検討する中、総務省や厚生労働省が発行する公的ガイドラインでは、企業に対して「情報セキュリティ教育」を強く要求している。しかし「コストがかかる、手間がかかる、効果が見えない」ことから、情報セキュリティ教育は敬遠されがちだ。そこで本稿では、こうした苦労を乗り越え、効果的に教育を行う方法を探っていく。
photo
狙われる「人」のリスク、ツール導入だけでは防げない
(Photo/Shutterstock.com)

「人」こそが情報漏えいの最大の懸念事項

 サイバーセキュリティ対策を行う上では、セキュリティツールの導入といった技術的な要素のみならず、従業員に対する教育も欠かせない。その理由は、「人」が最も不確定要素の多いセキュリティリスクだからである。

 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が発行しているレポートによれば、情報漏えいというセキュリティインシデントのうち、実に75.6%が「人の過失」によって発生している。こうしたデータからも、情報セキュリティ教育が必須だということが分かるだろう。

 しかし、企業のセキュリティ対策ではどうしてもツールの導入が先行しがちだ。情報セキュリティ教育の必要性や重要性を認識していても、「準備や実行に手間がかかる」「アウトソースするにしてもコストがかかる」「リソースがかかるにも関わらず、教育の効果が見えにくい」と感じる担当者は少なくないからだ。

 こうした三重苦を乗り越え、実際に効果的な情報セキュリティ教育を実現するためには、担当者は何を行えばよいのだろうか。

この記事の続き >>

  • ・過失の原因は「ルールの理解不足」
    ・設定はたったの2ステップ、手間はまったくかからない
    ・よくある座学や資料閲覧だけではダメな理由

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます