関西電力株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/03/15 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
「日本でGAFAM誕生」にDX・GXが必須のワケ、東大 伊藤名誉教授が語る「日本成長戦略」

経済成長が停滞し、「失われた20年」とやゆされてきた日本。だが、東京大学 名誉教授の伊藤元重氏は、20年以上にわたる「停滞と安定」の時代の終焉が見えつつあるという。その背景には何があり、今後日本経済を待ち受けるものは何か。そして経済の大転換期である今、企業に求められることは何か、伊藤氏が解説する。

動き始めた日本経済

 コロナ禍は、私たちの身の回りの生活だけでなく日本経済にも大きな変化を与えた。まさに「経済の大転換期」と言える現在において経済成長を続けていくには、世相の変化を正しくつかむことが重要だ。

 コロナショックから回復した米国では、インフレが進んでいる。コロナ禍で停滞を続けていた経済活動が活発化して需要が急激に高まったためだ。深刻化する人材不足に起因する賃金の上昇も関係している。加えて、デジタル化の波も押し寄せた。これらの影響を受けて、欧州を含む世界経済はインフレ基調となっている。

 インフレの要因として、地政学的変化も見過ごすことはできない。ウクライナ戦争やイスラエルの内戦により、グローバル環境は変化しており、自国を守る安全保障の重要性が増している。今や経済大国となった中国の位置付けも理解しておく必要があるだろう。

 これまで20年にわたって「経済が停滞している」と言われてきた日本でも、遅まきながらインフレの兆しが見え始めてきた。この兆候は、金利、為替レート、物価、賃金の動きを見ても明らかだ。

 東京大学 名誉教授 伊藤元重氏は「今後、日本が正しく経済成長していくには、世界の潮流を読み解くことが重要なのはもちろん、デジタルトランスフォーメーション(DX)やグリーントランスフォーメーション(GX)への投資による『創造的破壊』を活発に行っていくことが重要です」とアドバイスする。

 「日本の経済成長」と「DX/GXへの投資」の密接な関係性とは。

この記事の続き >>

  • ・超円安の行方は? 経済の流れを読み解くために注目すべきポイント
    ・「賃上げ」が企業の生き残りを左右する
    ・なぜDXとGXが重要? DXは「変革すること」、GXは「やめること」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます